書評

遊読記―書評集(河出書房新社)

  • 2017/09/13
遊読記―書評集 / 種村 季弘
遊読記―書評集
  • 著者:種村 季弘
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(268ページ)
  • ISBN:4309007767

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

『書国探検記』(筑摩書房)という本を出したのは一九八四年のことで、あらかた十年ほど前のことになる。これも書評を中心に読書漫遊の旅日記のつもりで編んだ本だった。あらためて読み返してみると、過ぎた日々はなんとなくのんびりしている。書評のスペースに余裕があったせいかもしれない。

【新版】『書国探検記』
書国探検記 (ちくま学芸文庫) / 種村 季弘
書国探検記 (ちくま学芸文庫)
  • 著者:種村 季弘
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:文庫(295ページ)
  • ISBN:4480095071

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

今回は、それから後の新聞書評を集めて編んだ。新聞書評は四百字詰め二枚半から三枚というところなので、スペースはずっとすくない。箱抜け奇術師のフーディニが、だんだん箱を小さくしたうえに、全身がんじがらめの縄に縛り上げられていくのに似ている。これはもう芸当というのに近いだろう。

芸当なら芸当らしく、当人も遊び、人様にも遊んでもらうしかない。いきおい、正面切った書評というわけにはいかない。考えてみるとそういうものを書く気もなかったので、それはそれでいいのだと思った。もっとも、当人が遊ばせてもらったと思うほど、人様に遊んで頂けたかどうかは分からない。

ここに集めたのは、主として朝日新聞書評欄に一九八三年四月からの二年間と一九八八年四月からの二年間に書いた書評である。前半の二年間は匿名、後半は署名入りだった。当人としては匿名記名を特に意識したことはない。どれも一種のミニ・エッセイとして気ままに書いた。これ以外にも当然他誌紙に書いた書評はある。これは見開き二貢にまとめるという編集者側のアイデアにつられて割愛した。なお目次構成は新しいものから過去へさかのぼるように立てた。失われし時を求めて。その間に故人になられた著者もすくなくない。

書評者は原著者の書物に巣くう寄生虫だと、以前に書いたことがある。まず気前よく吸血させて下さった宿主のテクストに感謝しなくてはならない。シュタイナーではないが、血は特製のジュースである。どうかすると『遊読記』が『有毒記』になりかねないでもなかったが、口が悪いわりに人は好いという評判もなくはない。つまり馬鹿にされているのである。

それからこの本をミニ・エッセイ集の形にまとめて下さった河出書房新社の内藤憲吾さん、ありがとうございました。また末尾ながら、スペースを提供して下さった朝日新聞をはじめとする各紙の担当者諸兄にお礼を申し上げる。

一九九二年六月八日 種村季弘


遊読記―書評集 / 種村 季弘
遊読記―書評集
  • 著者:種村 季弘
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(268ページ)
  • ISBN:4309007767

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

関連書評/解説/選評
種村季弘の書評/解説/選評
ページトップへ