書評

『幻の料亭・日本橋「百川」: 黒船を饗した江戸料理』(新潮社)

  • 2017/12/07
幻の料亭・日本橋「百川」: 黒船を饗した江戸料理 / 小泉 武夫
幻の料亭・日本橋「百川」: 黒船を饗した江戸料理
  • 著者:小泉 武夫
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(189ページ)
  • 発売日:2016-10-21
  • ISBN:4104548057

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

古典落語に「百川」という噺(はなし)がある。のっけから魚河岸の若い衆と田舎出の奉公人との言葉が行き違い、面白おかしいズレが軽妙な展開をみせるのだが、ふんだんに盛りこまれた江戸の習俗の厚みが、この噺を名作たらしめる役目を担っている。舞台になった料理屋「百川」は、かつて日本橋浮世小路(うきよしようじ)にあった実在の大店(おおだな)であることはよく知られているが、では「百川」が出したのはどんな料理なのか、当時の江戸でいかなる役割を任じていたのか。謎のまま「百川」を想像するしかなかった。

ところが、その正体に踏み込む一冊が現れたのだから、色めき立つのは当然のなりゆき。しかも、著者はあの小泉センセイ。興味津々で読み始めると、待ってましたとばかり幻の「百川」が息を吹き返し、ページを繰る手が止まらない。

文化文政期に完成した江戸の町人文化は、さまざまな芸術や学術、文化活動を生み、庶民の経済活動を発展させた。料理茶屋は社交のための重要な場のひとつとなり、名だたる商人や文人墨客が足しげく出入り、さらなる興隆をみせてゆく。また、江戸の経済を支える商業街として栄えたのが、ほかでもない日本橋だった。政治、経済、地形、自然条件、町の構造、人々の気質……食の複雑な背景を知り抜く著者の手さばきがあればこそ、「百川」の姿がリアルに蘇(よみがえ)る。

読み物としての創意もふんだんだ。当時「百川」をにぎわせた大田南畝(なんぽ)、山東京伝、山東京山、亀田鵬斎(ほうさい)、谷文晁(ぶんちよう)ら当代きっての文人による集い「山手連(やまてれん)」の談論風発ぶりは、めっぽう痛快。趣向を凝らした風狂に目を丸くするうち、時空をワープして「百川」の座敷に紛れこむ心地を味わう。当時、江戸のあちこちで流行したという「大酒之会」の実体にも驚くばかりだ。百余人の見物客を前にして、三味線の音に合わせて飲み干した豪の者の酒量は七升五合。料理屋もまた、競って新しい酒肴(しゆこう)を編み出した。あるいは、山東京伝演出によるお大尽の還暦の祝宴「饗設」は豪快にして珍奇。大盃が六十人の座列を下ったり上ったり、江戸の華やぎはかくも磊落(らいらく)であったのだ。

「百川」に残された詳細な献立記録「百川楼仕出し献立」の内容が随所で紹介され、これまた驚く。あらためて思うのだが、史料を生かすも殺すも、読み解く者の裁量ひとつ。豪奢(ごうしや)な事実のみならず、そこに爛熟(らんじゆく)した江戸文化の妙味を与え、あの手この手で堪能させる試みにこそ本書の眼目がある。ひとつひとつの料理名や素材が往時の気配を孕(はら)んで腹に染み入る心地だ。

話の肝は、幕府の命により「百川」主人、百川茂左衛門が引き受けることになったペリー一行の饗応料理である。黒船艦隊一行三百人、日本側二百人、総計五百人。一人前三両、総額千五百両の総額は、現在の金額にして一億五千万円。前代未聞、日本国の威信を懸けた献立が四ページにわたって紹介され、店の存在を懸けて面目をほどこすのだが、しかし、「百川」は明治維新後、表舞台から忽然(こつぜん)と姿を消す。

そもそも卓袱(しつぽく)料理屋として創業した「百川」は、時代に深く関わり過ぎてしまったのだろうか。歴史に分け入り、激しく揺れる波間に浮き沈みした一料理屋を見つめる視線が、味のある余韻を運んでくる。
幻の料亭・日本橋「百川」: 黒船を饗した江戸料理 / 小泉 武夫
幻の料亭・日本橋「百川」: 黒船を饗した江戸料理
  • 著者:小泉 武夫
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(189ページ)
  • 発売日:2016-10-21
  • ISBN:4104548057

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

サンデー毎日

サンデー毎日 2017年1月17日

関連書評/解説/選評
平松洋子の書評/解説/選評
ページトップへ