書評

『超男性』(白水社)

  • 2017/12/21
超男性 / アルフレッド・ジャリ
超男性
  • 著者:アルフレッド・ジャリ
  • 翻訳:澁澤 龍彦
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(244ページ)
  • 発売日:2017-08-26
  • ISBN-10:4560095701
  • ISBN-13:978-4560095706
内容紹介:
壮絶な自転車レースと性交ゲームの果てに待ち受けるものとは……自らも自転車愛に憑かれた奇才による1902年刊の「現代小説」
意外と、スポーツマンの作家は多い。有名どころだと、ヘミングウェイ、ジョン・アーヴィング、横光利一、村上春樹、アルチュール・クラヴァンあたりがパッと思い浮かぶけど、シュルレアリストたちのアイドル的存在だったアルフレッド・ジャリこそが、わたしにとってのスポーツマン作家の代表なのである。

フェンシング、釣り、自転車、ピストル。正規の年齢以前に楽々とバカロレア(大学入学資格試験)に合格、どの学科でも秀才ぶりを発揮し、万巻の書を読破したこの神童は、スポーツでもまた"この星の一等賞"にならなければ気がすまなかった。その上、大酒呑み。実人生を自ら生み出した芸術作品に重ねるかのように、数々の奇行を繰り返した何から何まで規格外の"超男性"、それがジャリなのだ。

代表作のひとつ『超男性』は、ジャリのそうしたスポーツに向ける愛着、というか偏執が濃厚に反映された作品だ。「恋愛なんて取るに足らない行為ですよ。際限なく繰り返すことができるんですからね。」と言い放つ主人公のマルクイユ。彼は客たちに、セックスなど何度だって反復できる、「かのインド人は、『ある種の植物の力を借りて一日に七十回以上行った』」と主張。自らインド人に扮装してそれを証明してみせるのだ。まさにスポーッ競技に挑むような熱心さと真剣さをもって、八二回も! マルクイユの超人的な精力譚に併走する形で、この小説にはもうひとつのとんでもない競技が行われる。それは五人乗り自転車と機関車の一万マイル競争。選手たちは五日間、自転車を漕ぎ続ける。マルクイユの性交記録挑戦のお相手、エレンの父親が発明した永久運動食を食べながら、糞尿を垂れ流しながら。仲間の一人が死ねば、その死体と共に。時速三〇〇キロの猛スピードで!

愛もセックスもスポーツのようなもんでしょっ。女嫌いで知られたジャリらしい奇想と悪戯精神に溢れた、今読んでも新鮮な驚きをもたらしてくれる、これは永久不滅の傑作なのだ。二一世紀に入っても、やっぱりジャリはカッコイイ!

【この書評が収録されている書籍】
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド / 豊崎 由美
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:アスペクト
  • 装丁:単行本(560ページ)
  • 発売日:2005-11-29
  • ISBN-10:4757211961
  • ISBN-13:978-4757211964
内容紹介:
闘う書評家&小説のメキキスト、トヨザキ社長、初の書評集!
純文学からエンタメ、前衛、ミステリ、SF、ファンタジーなどなど、1冊まるごと小説愛。怒濤の239作品! 560ページ!!
★某大作家先生が激怒した伝説の辛口書評を特別袋綴じ掲載 !!★

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

超男性 / アルフレッド・ジャリ
超男性
  • 著者:アルフレッド・ジャリ
  • 翻訳:澁澤 龍彦
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(244ページ)
  • 発売日:2017-08-26
  • ISBN-10:4560095701
  • ISBN-13:978-4560095706
内容紹介:
壮絶な自転車レースと性交ゲームの果てに待ち受けるものとは……自らも自転車愛に憑かれた奇才による1902年刊の「現代小説」

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

流行通信

流行通信 2003年5月

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ