書評

『定本 何かが空を飛んでいる』(国書刊行会)

  • 2018/05/20
定本 何かが空を飛んでいる / 稲生 平太郎
定本 何かが空を飛んでいる
  • 著者:稲生 平太郎
  • 出版社:国書刊行会
  • 装丁:単行本(435ページ)
  • 発売日:2013-11-25
  • ISBN:433605777X
内容紹介:
UFO現象を明快に論じた奇跡的名著がついに復刊! あわせて稲生平太郎によるオカルティズム研究・民俗学論文を一挙集成。

UFOとは? 宇宙人とは? 人間は、昔から空に光を目撃し、小人と遭遇してきた。

空を見ろ! 鳥だ! 飛行機だ! いやUFOだ! 空を飛んでいるのはスーパーマンだけではない。何かが空を飛んでいる。いや、我々は空に何かを目撃している。ある人はそれを単なる見間違いだと言い、ある人は心因性の現象だと言い、またある人は空飛ぶ円盤なのだと言う。どれが正解なのだろうか? UFOにまつわる議論は、ほぼそのまわりをぐるぐる回ってきたと言ってもいい。だけど、もちろん、答えが出ない疑問というのは設問そのものが間違っているわけで……。

稲生平太郎の『何かが空を飛んでいる』はUFO現象についての本である。UFO研究家はもっぱらビリーバーと懐疑派に分かれる。ビリーバーとは空飛ぶ円盤は宇宙人の乗り物で、宇宙人は地球を訪れて人間にアブダクトをはじめとするさまざまな悪戯をしていると信じる人たち。いっぽうで懐疑派というのはUFO目撃もアブダクトも、なんらかの錯覚や誤解であり、超自然的なことなど起きていないという立場だ。だが、『何かが空を飛んでいる』はそのどちらの本でもない。どういうことかというと……。

ホイットリー・ストリーバーの『コミュニオン』はUFOによるアブダクト体験を扱った古典的著作である。1985年の12月、夜中にストリーバーがなんらかの気配を感じて目を覚ますと、ドアから身長1メートルほどの小人が入ってきた。気がつくとストリーバーは円形の小部屋におり、小人たちに取り囲まれていた。小人たちは細い針などを使ってストリーバーにさまざまな検査をおこなった。これ以降、円盤に拉致された経験が次々に報告されるようになる。

これはしばしば宇宙人の拉致として語られるのだが、注意すべきは、ストリーバーは別に相手が宇宙人だともなんだとも言っていないことである。ならば相手が妖精だということは考えられないのか? 稲生は歴史上語られてきた妖精目撃譚を引き、その類似性を論じてゆく。妖精と宇宙人は同じものなのだろうか?

あるいは円盤はどうだろう? よく知られているように、1947年、民間パイロットのケネス・アーノルドが飛行中に目撃したのが最初のUFO体験とされている。それ以後、空飛ぶ円盤がたびたび目撃されることになった。ではそれ以前、UFOを見た人はいなかったのだろうか? もちろんそんなことはない。行方を指ししめす星によってキリストの到来を知った東方の三博士を筆頭に、空を動く光を目撃した人は数多い。そして葉巻型UFOがあるかと思えば、商用飛行船就航前に謎の飛行船を目撃したという例がある。これはどういう意味なのだろうか。

つまり、人間は昔から空に光を目撃し、小人と遭遇してきた。それが歴史的・文化的コンテクストに応じてさまざまに解釈されてきたのである。では、そこにあるものは本当はなんなのだろうか? それが空飛ぶ円盤であり、動く光であり、あるいはエゼキエル書の輝く生き物でもあるとするなら、それは何やら、これまで思われていたものとはまったく異なる何かであるに違いない――。

『何かが空を飛んでいる』はそこに浮かんでいるのが現実と幻想、精神と物質のあいだにある何かだという。「それ」を完全に精神的現象として説明することもできるだろう。ユングの名著『空飛ぶ円盤』はそうした立場にのっとって書かれた本である。そうやって説明できれば、それはいかにも明快でわかりやすい。だが、 UFO現象は決してそれだけのものではない。その視野を宗教的現象にまで広げれば、無関係の多数の人が同じ体験を報告していることは珍しくない。ならばそこには何かがあるに違いない。ただ精神の中だけではないどこかに存在するものが。

UFOは精神と物質のはざまを飛ぶ。精神と物質のあいだより、時折強烈な光が差しこみ、我々を刺し貫くのだと。『定本 何かが空を飛んでいる』では、この画期的UFO論に加えてアーサー・マッケンやチャールズ・ウィリアムズらその“光”を目撃した作家たち、ジョン・ディーやブラヴァツキー夫人ら幻視者たちについての論考を集めている。シェイヴァー・ミステリーとアナ・キンズフォード(ルンルン呪殺ギャル!)についてのエッセイは必読だ。その“光”はあなたが思うよりもはるかに近いところにある。これを読めば必ずやあなたも脳内のシナプスがつながりあうプチプチいう音が聞こえるだろう。
定本 何かが空を飛んでいる / 稲生 平太郎
定本 何かが空を飛んでいる
  • 著者:稲生 平太郎
  • 出版社:国書刊行会
  • 装丁:単行本(435ページ)
  • 発売日:2013-11-25
  • ISBN:433605777X
内容紹介:
UFO現象を明快に論じた奇跡的名著がついに復刊! あわせて稲生平太郎によるオカルティズム研究・民俗学論文を一挙集成。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

映画秘宝

映画秘宝 2014年2月

95年に町山智浩が創刊。娯楽映画に的を絞ったマニア向け映画雑誌。「柳下毅一郎の新刊レビュー」連載中。洋泉社より1,000円+税にて毎月21日発売。Twitter:@eigahiho

関連記事
柳下 毅一郎の書評/解説/選評
ページトップへ