書評

『若冲の目』(講談社)

  • 2018/07/15
若冲の目 / 黒川 創
若冲の目
  • 著者:黒川 創
  • 出版社:講談社
  • 装丁:単行本(349ページ)
  • ISBN:4062095971
内容紹介:
伝説的画人伊藤若冲の謎!虚空をみつめる江戸の視線。時空を超えた、双幅の傑作長篇「鶏の目」「猫の目」。

恋の双幅図

本書は、旧植民地と日本語の関係を中心として、境界線をまたぐ言語の行方に目を向けた犀利(さいり)な評論集『国境』(メタローグ)などで知られる著者初の長篇小説である。

ただし、長篇とはいえ、全体はゆるやかに独立したふたつの中篇からなっている。両者を結びつけているのは、表題にも採られた十八世紀の伝説的な細密画家、伊藤若冲をめぐる謎と、その謎を解こうとする男女の横顔である。つまり、若冲に深入りしていく過程が、そのまま自身の過去と現在を見直す契機になるという仕掛けがほどこされているのだ。

前半の「鶏の目」では、フリーライターの女性が若冲ゆかりの寺を訪ねて住職に話を聞き、過去帳を洗い直しながら、晩年の画家と暮らしていたとされる妹の存在を突き詰めていく。もはや評伝と呼んでも差し支えないふんだんな情報の開示と、そのスリリングな切り口を堪能しつつ、読者は彼女の執拗な追及の裏に、いかなる動機が隠されているのかについても興味をそそられるだろう。後半の「猫の目」は、この問いにたいするひとつの解答となっている。語り手は、先に登場した女性と同棲しているらしい元美術館学芸員のI。彼は漱石がその作品に書き記している若冲の絵の描写に基づいて、三十幅がならぶ代表作「動植綵絵(さいえ)」の全貌と構成にかすかな疑問をぶつける。若冲の絵の精緻な読解が可能にしたこのあたりの推理の展開は、前半をしのぐ面白さだ。

しかし若冲を見つめる彼らは、若冲に見つめられてもいる。両の目が完全に一致することはありえず、そこには埋めようのない時間の懸隔が生じている。本書の双幅図は、均衡の取れた貝合わせに陥らない微妙なずれを含ませる若冲の「動植綵絵」さながら、いかなるジャンルの規制をも逃れて、批評と小説、あるいは評伝と恋愛小説をしなやかに混合する自在な散文となった。

【この書評が収録されている書籍】
本の音 / 堀江 敏幸
本の音
  • 著者:堀江 敏幸
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:文庫(269ページ)
  • 発売日:2011-10-22
  • ISBN:4122055539
内容紹介:
愛と孤独について、言葉について、存在の意味について-本の音に耳を澄まし、本の中から世界を望む。小説、エッセイ、評論など、積みあげられた書物の山から見いだされた84冊。本への静かな愛にみちた書評集。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

若冲の目 / 黒川 創
若冲の目
  • 著者:黒川 創
  • 出版社:講談社
  • 装丁:単行本(349ページ)
  • ISBN:4062095971
内容紹介:
伝説的画人伊藤若冲の謎!虚空をみつめる江戸の視線。時空を超えた、双幅の傑作長篇「鶏の目」「猫の目」。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

時事通信社

時事通信社 1999年5月

関連記事
堀江 敏幸の書評/解説/選評
ページトップへ