書評

『ボローニャ紀行』(文藝春秋)

  • 2018/08/06
ボローニャ紀行 / 井上 ひさし
ボローニャ紀行
  • 著者:井上 ひさし
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:文庫(253ページ)
  • 発売日:2010-03-01
  • ISBN:4167111284
内容紹介:
「国という抽象的な存在ではなく、目に見える赤煉瓦の街、そしてそこに住む人たちのために働く、それがボローニャの精神」。文化による都市再生のモデルとして、世界に知られたイタリアの小都市ボローニャ。街を訪れた著者は、人々が力を合わせて理想を追う姿を見つめ、思索を深めていく。豊かな文明論的エセー。

理屈抜き、つい、つい、行きたくなる

かつて「ローマの休日」という映画があった。オードリー・ヘプバーンを一躍銀幕の大スターにおしあげた名作であったが、それとはべつに、

――ローマの観光案内として関係者にはこたえられないだろうな――

と思った。あの映画によりローマ旅行の夢を膨らませた人は多かったろう。

『ボローニャ紀行』を十数ページ読んで同じ思いを抱いた。手法はもちろん映画と異なるが、とにかくおもしろい。

“長靴型の半島は男の脚か女の脚か”と問いかけたり、腕ききの泥棒に襲われたり、脚よりアタマに話題が集まるサッカーの名選手フランチェスコ・トッティについて秀逸なジョークを紹介したり、ついでに中田英寿選手への思いを伝えたり、まことに多彩で、技が冴(さ)えている。

著者は30年このかたボローニャへの敬愛を抱き続け、それだけに知識の深さは半端ではない。

なぜそんなに好きなのか。読み進むにつれ、この都市の歴史、特異性、演劇への関心の深さ、その背後に潜む“みんなで住みよい街を作っていく”という精神が例示されていく。ボローニャ方言で語られ歌われる笑劇が、いつのまにか“アメリカのグローバリゼーションに対抗するには地元の(小さな街々の)文化しかない”という主題を明らかにしていく。

ボローニャはナチスと戦い、市民の手で解放を勝ちえた、という輝かしい歴史を持つ都市だ。その後の民生にはボローニャ方式と呼ばれる筋金入りの理念が作用していたらしい。一に家族、二に友だち、三にわが街、なにかと言えば、志を持つ者が集まって協同組合を作り、みんなで難問を解決していく。それがなぜか、この都市ではしなやかに実現されていく。女性の役割を重んじ、保育所を充実させ、職人の技を誇り、街の歴史的景観を見捨てない。

地方の町づくりをどう考えるか、しかつめらしい理屈ではなく、著者のユーモアと確かな筆致が読む者を楽しませてくれる。つい、つい、ボローニャへ行きたくなってしまう。
ボローニャ紀行 / 井上 ひさし
ボローニャ紀行
  • 著者:井上 ひさし
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:文庫(253ページ)
  • 発売日:2010-03-01
  • ISBN:4167111284
内容紹介:
「国という抽象的な存在ではなく、目に見える赤煉瓦の街、そしてそこに住む人たちのために働く、それがボローニャの精神」。文化による都市再生のモデルとして、世界に知られたイタリアの小都市ボローニャ。街を訪れた著者は、人々が力を合わせて理想を追う姿を見つめ、思索を深めていく。豊かな文明論的エセー。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2008年4月6日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
阿刀田 高の書評/解説/選評
ページトップへ