書評

『ブタをけっとばした少年』(新潮社)

  • 2018/08/25
ブタをけっとばした少年 / トム・ベイカー
ブタをけっとばした少年
  • 著者:トム・ベイカー
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(134ページ)
  • ISBN:4105398016
内容紹介:
復讐を誓ったカリガリ少年がひきおこす、恐怖の灼熱地獄。火だるまになった13人の牧師さん。愛車とともににっこり燃えつきた老夫婦。炎の川にじゅっとのまれたテレビクルー。犠牲者は300人。このままで、すむと思うかカリガリ少年?神経にビリビリひびく、ナンセンスでグロテスクな笑い、凄まじくファニーな英国ホラーファンタジー、日本上陸!しびれるイラスト満載。
新しい海外文学を紹介するシリーズ〈クレスト・ブックス〉の健闘ぶりといい、『ブルーノ・シュルツ全集』の刊行といい、ここ数年の新潮社は頑張っていると思う(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2000年)。わたしのような海外文学ファンのくせして語学音痴という読者にとっては、大手出版社のこうした攻めの姿勢はありがたい限りなのだ。

攻めの姿勢とは、すなわちトム・ベイカー『ブタをけっとばした少年』のような本を翻訳出版する英断を指す。トム・ベイカー、誰、それ? ってなもんでしょ。あとがきによれば、BBC制作の人気SFドラマの主役に抜擢され大成功した役者とのこと。あ、そっ、つまり『窓ぎわのトットちゃん』でベストセラーを飛ばした黒柳徹子みたいな、文章も書ける人気タレントってわけなんて思い早まってはいけない。トットちゃんとこの小説の主人公ロバート・カリガリくんの間には、ちびまる子ちゃん(さくらももこ)とにゃーこちゃん(ねこぢる)の間を隔てるそれと同じくらい、深~いクレバスが横たわっているのだからして。

カリガリ少年は人間が大っ嫌い。姉のブタの貯金箱をフットボールよろしく外に蹴り出した結果起こった大混乱に大喜びしている程度なら、単なるイタズラ小僧ですんでいたものを、悪意はエスカレートする一方。「にっこり笑って人を殺(や)る」をモットーに、交差点で目の見えない老人に親切を装ってウソの誘導をし、トラックに礫かせてしまったり、姉の食べ物に少量の除草剤を入れ続けたりと、まさに恐るべき子供(アンファンテリブル)の本領発揮。そしてついに、時々頭の中で聞こえる"神秘の声"に命じられるまま、凄まじい悲劇を引き起こしてしまうのだ。殺傷能力のある弓で乗馬中の女性に向かって矢を放つものの、狙いがハズれて馬の尻にズブリ。様々な連鎖反応の末、なんと二〇〇名以上もの死亡者を出す惨劇に発展。おまけにカリガリ少年の身にも想像を絶するような……。

実に陰惨な物語なんである。最近、連続殺人を犯すような人間には脳内物質の分泌のありように生まれながらの異常があるなんて怖ろしい仮説が発表されたけれど、トム・ベイカーもまたそれを支持しているのか、と思えてくるほどカリガリ少年の精神世界は救いがたくグロテスクなのだ。でも、一方で彼はこの世界の歪(いびつ)さを激しく憎む者でもある。罪もないホオジロザメを捕まえて殴り殺したり、穏やかな子供をいじめの標的にしたり等々、人間社会の残虐性や矛盾を憎悪する潔癖さがカリガリ少年をグロテスクな生き物にしたのだとすると、まさに純粋な心は諸刃の剣ではないか。

なんて、堅いことを書いてしまったけれど、この寓話ホラーともいうべき問題作は、決してひとつの読み方を強制するものではない。スラップスティックな残酷譚として楽しむもよし、横溢するブラックユーモアに笑うもよし、暗いくせにファニーな魅力をたたえた挿し絵に感心するもよし。いかようにも楽しめる本なのだから。それにしても日本では無名の作家の、しかも決して読み心地がいいとはいえない本を翻訳してくれるとは。攻めてるね、新潮社。

【この書評が収録されている書籍】
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド / 豊崎 由美
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:アスペクト
  • 装丁:単行本(560ページ)
  • 発売日:2005-11-29
  • ISBN:4757211961
内容紹介:
闘う書評家&小説のメキキスト、トヨザキ社長、初の書評集!純文学からエンタメ、前衛、ミステリ、SF、ファンタジーなどなど、1冊まるごと小説愛。怒濤の239作品! 560ページ!!★某大作家先生が激怒した伝説の辛口書評を特別袋綴じ掲載 !!★

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ブタをけっとばした少年 / トム・ベイカー
ブタをけっとばした少年
  • 著者:トム・ベイカー
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(134ページ)
  • ISBN:4105398016
内容紹介:
復讐を誓ったカリガリ少年がひきおこす、恐怖の灼熱地獄。火だるまになった13人の牧師さん。愛車とともににっこり燃えつきた老夫婦。炎の川にじゅっとのまれたテレビクルー。犠牲者は300人。このままで、すむと思うかカリガリ少年?神経にビリビリひびく、ナンセンスでグロテスクな笑い、凄まじくファニーな英国ホラーファンタジー、日本上陸!しびれるイラスト満載。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

流行通信

流行通信 2000年9月号

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ