書評

『兵士に聞け』(小学館)

  • 2018/11/03
兵士に聞け / 杉山 隆男
兵士に聞け
  • 著者:杉山 隆男
  • 出版社:小学館
  • 装丁:文庫(800ページ)
  • 発売日:2007-07-07
  • ISBN:4094081879
内容紹介:
自衛隊員の生の声に耳を傾けた渾身ルポ25万もの兵力を擁し、核兵器以外のあらゆる兵器を有する巨大組織でありながら、軍隊として存在することは許されない自衛隊。戦う相手も見えない中で「日蔭者」として生きることを強いられた隊員たちは、日々何を思い過酷な訓練に従事しているのか。様々な基地を訪ね歩き、訓練にも同行し、彼らの生の声に耳を傾けた渾身のルポ。日本を守る存在ながら、日本人があまりにも知らない自衛隊の実情に深く迫る。'96年新潮学芸賞受賞作。

広く採集した自衛隊員の声

なかでもPKOでカンボジアに派遣された自衛隊員の話がおもしろい。ある兵士は高校時代、小遣いの大半をつぎ込みモデルガンや米軍の制服を買いあさる「軍事おたく」だった。そのころの彼の憧(あこが)れはフランスの外人部隊である。とりあえず自衛隊に入った。カンボジア行きを志願したのは、外人部隊に入るステップという思いつきでもある。

だがカンボジアはPKOであろうと、ポル・ポト派がいつ襲って来るかわからないリアルな世界なのだった。内戦再発の危険をはらむ緊迫した情勢と否応なしに向き合わねばならない。宿営地には弾よけの土嚢(どのう)が築かれ、休日の外出にも制限が加えられた。プライバシーのまったくないテントの下の生活、連日の炎天下の道路の補修工事。ささいなこと、たとえばスイカの取り分が原因で殴り合いの喧嘩(けんか)にまでエスカレートすることさえあった。「オイチョカブ」が開帳され、あちこちのベッドの上でトランプカードとドル札がばらまかれ、車座ができた。「ディア・ハンター」などのアメリカのベトナム戦争映画を想い出させる。

ある日外人部隊憧れ兵士は、ほんもののフランス兵を見かける。眼つきからして違った。自衛隊員は銃を持って見張りについてもかんじんの弾はこめないが、彼らは弾倉を充填(じゅうてん)した銃を片時たりとも離さない。

外人部隊のなかに自分そっくりなやつがいる。声をかけると日本人だった。十八歳で日本を飛び出し外人部隊にもぐりこんですでに二年になるという。「外人部隊って、きつい?」と憧れ兵士は訊(たず)ねてみた。「自衛隊をやめて、おれも入りたいな」と言った。すると彼は「やめた方がいいですよ」とポツリと断定的に言い、黙った。その青年の言葉の重たい響きが素直に受け入れられたのは、“戦地”を知ったからである。

本書の読者はタイトルの通り、素直に彼らの体験に耳を傾けるとよい。著者が広く深く採集した声を聞けば、確実に新しい時代に入っていることがわかる。
兵士に聞け / 杉山 隆男
兵士に聞け
  • 著者:杉山 隆男
  • 出版社:小学館
  • 装丁:文庫(800ページ)
  • 発売日:2007-07-07
  • ISBN:4094081879
内容紹介:
自衛隊員の生の声に耳を傾けた渾身ルポ25万もの兵力を擁し、核兵器以外のあらゆる兵器を有する巨大組織でありながら、軍隊として存在することは許されない自衛隊。戦う相手も見えない中で「日蔭者」として生きることを強いられた隊員たちは、日々何を思い過酷な訓練に従事しているのか。様々な基地を訪ね歩き、訓練にも同行し、彼らの生の声に耳を傾けた渾身のルポ。日本を守る存在ながら、日本人があまりにも知らない自衛隊の実情に深く迫る。'96年新潮学芸賞受賞作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

読売新聞

読売新聞 1995年9月24日

関連記事
猪瀬 直樹の書評/解説/選評
ページトップへ