書評

『たんぽぽ娘』(河出書房新社)

  • 2017/07/04
たんぽぽ娘  / ロバート・F・ヤング
たんぽぽ娘
  • 著者:ロバート・F・ヤング
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:文庫(400ページ)
  • 発売日:2015-01-07
  • ISBN:430946405X
内容紹介:
未来から来たという、たんぽぽ色の髪の女。「おとといは兎を見たわ、きのうは鹿、今日はあなた」名作の改訳決定版を収録する傑作選。

時間SFロマンス

絶版になった本をネット通販の中古で買おうとすると、たまにとんでもない値段がついてて驚くことがありますが、SFでは、コバルト文庫の『たんぽぽ娘 海外ロマンチックSF傑作選2』(風見潤編、1980年刊行)が有名。

たんぽぽ娘―海外ロマンチックSF傑作選2   /
たんぽぽ娘―海外ロマンチックSF傑作選2
  • 著者:
  • 出版社:集英社
  • 装丁:文庫(229ページ)
  • ASIN: B000J8ANG4

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。


もともとレア本だったところに、三上延のベストセラー『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ第3巻の第1話でこの本(とくに表題作)が紹介され、剛力彩芽主演のTVドラマ版第8話で映像化されたため、古書価が急騰。一時はアマゾンで10万円(!)の値がついたことも。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち  / 三上 延
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち
  • 著者:三上 延
  • 出版社:アスキーメディアワークス
  • 装丁:文庫(307ページ)
  • 発売日:2011-03-25
  • ISBN:4048704699
内容紹介:
鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは"古書と秘密"の物語。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。


問題の「たんぽぽ娘」は、ロバート・F・ヤングの時間SFロマンス。未来から来たという、たんぽぽ色の髪をした娘(21歳ですが)は、丘の上で出会った語り手の男性(44歳、妻子持ち)に向かって、ここはわたしのいちばん好きな時空座標なのと打ち明け、「おとといは兎を見たわ、きのうは鹿、今日はあなた」という名台詞(ぜりふ)を口にする。はたして、ふたりのほのかな恋の行方は?

原作の発表は1961年。日本では、67年に初めて翻訳されて以来、男性SFファンのハートをぎゅっとつかみ、数々のバリエーションが書かれてきた。今世紀に入っても、大ヒットした恋愛ゲーム『CLANNAD』に前記の名台詞が引用されて流行するなど、人気は根強い。にもかかわらず、ずっと入手困難だったが、『ビブリア』ドラマ化を機に状況が一変。放送終了後の2012年初夏には、同作を収めた本が一挙に3種類も刊行された。

一番のおすすめは、今年1月に文庫化された伊藤典夫編訳のヤング短編傑作選『たんぽぽ娘』(河出文庫)。本邦初訳の掌編「神風」(1984年)をこの本で初めて読んで、晩年の著者が美少女型の爆弾を書いてたことに驚きました。ライトノベルの専売特許かと思ったら、巨匠のほうが早かったとは……。その他、牧歌的な博物館SF「エミリーと不滅の詩人たち」や、植民惑星を舞台にジャンヌ・ダルクの物語をロマンスSFとして語り直す「ジャンヌの弓」も楽しい。
たんぽぽ娘  / ロバート・F・ヤング
たんぽぽ娘
  • 著者:ロバート・F・ヤング
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:文庫(400ページ)
  • 発売日:2015-01-07
  • ISBN:430946405X
内容紹介:
未来から来たという、たんぽぽ色の髪の女。「おとといは兎を見たわ、きのうは鹿、今日はあなた」名作の改訳決定版を収録する傑作選。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

西日本新聞

西日本新聞 2015年6月17日

西日本新聞は、九州No.1の発行部数を誇るブロック紙です。
九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。

関連記事
大森 望の書評/解説/選評
ページトップへ