インタビュー

『渤海国とは何か』(吉川弘文館)

  • 2019/05/23
渤海国とは何か / 古畑 徹
渤海国とは何か
  • 著者:古畑 徹
  • 出版社:吉川弘文館
  • 装丁:単行本(228ページ)
  • 発売日:2017-12-18
  • ISBN:4642058583
内容紹介:
古代中国東北部~朝鮮半島北部に栄えた渤海国。国際交流を軸に地域の大きな枠組みに焦点を合わせ捉え直し、多種族国家の実像に迫る。
古畑徹・金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系教授が、古代中国東北部~朝鮮半島北部に栄えた渤海(ぼっかい)国について記した『渤海国とは何か』(吉川弘文館)を出版した。古代東アジアの国際交流を軸に、多種族国家の実像に迫った力作だ。古畑徹教授に話を伺った。

――本書執筆のきっかけは?
1998年が渤海建国1300年だったこともあり、この前後の時期に渤海国についての一般書・概説書が多数出版された。しかし、近十数年はそうした出版がなく、この間の研究の進展は一般に還元されていなかった。また、従来の一般書・概説書には渤海を「謎」や「幻」と捉えるものが少なくなく、ロマンティシズムで渤海国の歴史を語る、そうした本に強い違和感があった。
そんな時に出版社から本書執筆の誘いがあった。もともと1990年に金沢大学に赴任して以来、渤海史研究のパイオニアである鳥山喜一(1887~1959)ゆかりの金沢の地で、渤海国についての書物を書いてみたいという思いを抱いていたことも理由の一つである。
鳥山喜一は、1946年から3年間、金沢にあった旧制第四高等学校の校長を務めていた。

――渤海国とはどういう国だったか、その歴史的意義付けは?
渤海国は高句麗人と靺鞨(まつかつ)諸族からなる多種族国家で、非常に複雑で多面的な要素を持っていた。そのため、どのような歴史の枠組で渤海を理解するかで、その歴史的意義も異なってくる。
韓国史という一国史の枠組で見れば、高句麗の後継者で、新羅とともに韓民族の南北国時代を構成したという理解が成立しうるが、中国東北部と韓半島を一体にとらえる東北アジア史の枠組で見れば、この地域を新羅とともに南北に分割し、北部が韓半島と分離して中国と一体化していく分岐点にあたるという理解も成立する。
また、より大きな東部ユーラシア史という枠組で見れば、渤海の統治システムは契丹の二元統治体制の原型で、契丹・金・モンゴル帝国へとつながる中央ユーラシア型国家(いわゆる征服王朝)を準備したものと理解できる。環日本海(東海)域史という枠組で見れば、この地域がいくつかの国家にまとまっていく古代の方向性の最終段階に位置すると理解できるし、環黄海・東シナ海域史という枠組で見れば、9世紀初めの在唐新羅人たちとともにこの地域の海上交易を活発化させ、10世紀以降の東アジア交易圏を準備した存在と理解できる。

――韓国と中国で渤海国をめぐって認識の違いもあったが?
渤海国をめぐる韓中の歴史論争を、近年のこととしてとらえるのは間違いだ。韓国でも中国でも渤海の歴史は長い間忘れ去られていたが、20世紀初の日本の大陸侵略に対抗するなかで再発見され、それぞれの国の歴史家が強い思いを持ってその国・民族の歴史のなかに位置づけた。そのため、再発見の時点から両国の渤海国像はまったく異なっており、相容れない要素を持っていた。
特に中国では、日本が渤海を中国とは別の満洲世界の古代国家ととらえ、満洲国独立の正当性の根拠にしたことから、渤海国像と領土問題は切り離せないものとなった。だから中国では、韓国が渤海国を韓国史のなかに位置づけて中国の理解を批判することを、韓国の領土的野心によるととらえ、警戒する傾向がある。

――韓中、そして韓日中の友好のために、渤海国をどう見て、歴史を捉えなおすのがいいのか?
渤海国は韓国・中国の両方の歴史に属する過去の国家であるという共通認識が、韓中両国にできればベストだが、実はこれが最も困難なことである。拙著『渤海国とは何か』で、渤海国を複数の地域の大きな枠組で捉え直したのは、このような二項対立的発想から逃れる手段を示したかったからである。複数の渤海国像が共存するのだと認識できれば、いままで対立していた相手の思いや立場を正確に理解して配慮しようとする姿勢が生まれ、対立克服への道筋も見えてくるように思う。
一方、韓中の渤海国像がともに日本の侵略への対抗から生まれたことを考えると、日本にはこの歴史論争に一定の責任があると思う。二項対立で膠着状態のときは、外部の異なる視点からの提言が有効だが、これを日本の研究者が行い韓中の信頼を得るには、責任の自覚と、戦前日本のあり方への反省が前提になる。
この前提を守って日本側が多様な地域枠組のなかの渤海国像を発信していければ、渤海国の歴史像をめぐる国際的な学術議論自体が、韓日中の友好関係に貢献するものとなると思う。
渤海国とは何か / 古畑 徹
渤海国とは何か
  • 著者:古畑 徹
  • 出版社:吉川弘文館
  • 装丁:単行本(228ページ)
  • 発売日:2017-12-18
  • ISBN:4642058583
内容紹介:
古代中国東北部~朝鮮半島北部に栄えた渤海国。国際交流を軸に地域の大きな枠組みに焦点を合わせ捉え直し、多種族国家の実像に迫る。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

東洋経済日報

東洋経済日報 2018年2月

関連記事
吉川弘文館の書評/解説/選評
ページトップへ