書評

『せかいのひとびと』(評論社)

  • 2020/05/05
せかいのひとびと / ピーター・スピアー
せかいのひとびと
  • 著者:ピーター・スピアー
  • 出版社:評論社
  • 装丁:大型本(41ページ)
  • 発売日:1982-01-20
  • ISBN-10:4566002470
  • ISBN-13:978-4566002470
内容紹介:
私たちのこの地球には、いったいどんな人たちが暮らしているんだろう? 体の大きさ、肌の色、顔の形、住んでる家、好きな遊び、話す言葉…。世界にはさまざまな民族、風習、言語、文化などがあることを、やさしく説明。それぞれがちがっていることの素晴らしさを伝える大型絵本。

違うっていいね「せかいのひとびと」

国際化の時代……なんていうと、堅苦しいけれど、息子をとりまく環境を見ていると、ごく自然にそれが感じられる(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2008年)。

二歳のころ、友だちにジョシアくんという男の子がいた。彼がときどき英語を話すのを聞いたためか、息子はものすごく英語に興味を持った。「ジョシアくんはね、からあげのこと、チェッキンって言うんだよ。ポテトはポレイローだよ」と観察も怠(おこた)りない。

「英語でいうと、なあに?」というのが、そのころの口ぐせで、ある日、「ねえ、英語でいうと、抱っこはなあに?」と聞かれた。

抱っこ? 正直言って、お母さんにもわからない。そんなの、ジョシアくんに聞いてよ……と困っていると、「もしかして、どぅわっこ、じゃない?」と、口をとがらせて、英語っぽく発音してみせた。たぶん違うと思うけど、なんだか感じは、よく出ている。

幼稚園に行くようになると、両親が東南アジアの人や、アフリカの人などもいて、子どもたちの肌の色もさまざまだ。そういえば息子のクレヨン、昔は「はだいろ」と表示されていた色が「うすだいだいいろ」になっている。日本人の肌の色をもって「はだいろ」とするのは、確かに不自然なことだ。

先日、本屋さんのショウウィンドウを見ていて「あの本がいい」と息子が指をさした。

『せかいのひとびと』。表紙には、さまざまな服装をした、さまざまな国の人々が、びっしりと描かれている。今「せかいのこっき」を眺めるのが趣味(?)なので、「せかいの」という言葉に惹かれたのかもしれない。

世界中の人々の、顔や髪や肌の違いにはじまって、おしゃれや趣味の違いが描かれている。いろんな国の、遊びや食べ物や家の様子も紹介される。仕事、言葉、性格、宗教、貧富や身分の差まで……。

ありとあらゆる面からの「違い」がここにはある。服装などの客観的な要素も、感情などの主観的な要素も、たぶん意図的に並列されている。その一つ一つを図鑑的にたどっていくだけでも、なかなか楽しい。

私が「わ~、ほんとだ、いろいろあるね」と大ざっぱに片づけて、次のページに進もうとすると「まだ、ダメ!」と言って、息子は一つ一つの絵に、熱心に見入っていた。

違っているけれど、同じ地球で、同じ太陽に照らされて、そして最後は誰もが死ぬ、というメッセージも、さりげなくはさまれている。これも大事なことだが、それで終わらないのが、この絵本のいいところだろう。違うけれど、結局死ぬんだから同じ、ではつまらない。

最後の連続見開きページが素晴らしい。違うっていいね、ということが、二枚の大きな絵を通して、理屈抜きに伝わってくる。

【この書評が収録されている書籍】
かーかん、はあい 子どもと本と私 / 俵万智
かーかん、はあい 子どもと本と私
  • 著者:俵万智
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 装丁:文庫(224ページ)
  • 発売日:2012-05-08
  • ISBN-10:4022646667
  • ISBN-13:978-4022646668
内容紹介:
6歳になった今も、息子は絵本を持って母のもとへやってくる――。子育てをする歌人が、子どものために選び、自身も心を揺り動かされた絵本48冊を紹介したエッセイ。母親世代にも懐かしい不朽の名作から、図鑑、ことば遊び、シュールなものまで、幅広く選んでいる。成長に応じた絵本探しの参考として、また母と子のあたたかな交流を描いた本として楽しい一冊。単行本全2巻を1冊にまとめて文庫化。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

せかいのひとびと / ピーター・スピアー
せかいのひとびと
  • 著者:ピーター・スピアー
  • 出版社:評論社
  • 装丁:大型本(41ページ)
  • 発売日:1982-01-20
  • ISBN-10:4566002470
  • ISBN-13:978-4566002470
内容紹介:
私たちのこの地球には、いったいどんな人たちが暮らしているんだろう? 体の大きさ、肌の色、顔の形、住んでる家、好きな遊び、話す言葉…。世界にはさまざまな民族、風習、言語、文化などがあることを、やさしく説明。それぞれがちがっていることの素晴らしさを伝える大型絵本。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2008年6月25日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
俵 万智の書評/解説/選評
ページトップへ