選評

オリンピックの身代金(角川グループパブリッシング)

  • 2017/07/10
オリンピックの身代金 / 奥田 英朗
オリンピックの身代金
  • 著者:奥田 英朗
  • 出版社:角川グループパブリッシング
  • 装丁:単行本(524ページ)
  • 発売日:2008-11-28
  • ISBN:4048738992

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

吉川英治文学賞(第43回)

受賞作=奥田英朗「オリンピックの身代金」/他の選考委員=五木寛之、北方謙三、林真理子、平岩弓枝、宮城谷昌光、渡辺淳一/主催=吉川英治国民文化振興会/発表=「小説現代」二〇〇九年五月号

やるせない関係

昭和三十九年(一九六四)の秋、東京オリンピックの開会式はなにごともなく無事に終わった。そこで、〈オリンピックを人質にとって、八千万円を要求し、その要求が容れられなければ、開会式でダイナマイトを爆発させ、国家の面目を失わせてやる〉という、本作の主人公たちの企てが失敗することは、読む前からわかっている。したがって読者は、主人公たちがどのようにして失敗したかに力点を置いて頁をめくることになるが、その期待は、作者の用いた叙述方法によって充たされる。

作者は、二つの物語を用意した。第一は、主人公たちが仕掛けた予告的な事件の解明を急ぐ国家装置の、時間の流れに沿った動き。第二は、主人公たちが国家的行事を妨害しようと決意するに至るまでの個人史と、その実行についての詳細な報告。この二つが次第に接近、やがて絡み合いながら、山場の開会式をめざして一つになって行く叙述が力感にあふれていて、読者をわくわくさせる。すなわち国家と個人の関係をおもしろく物語化してみせたところが、作者の手柄である。

開会式の爆破に失敗した真の原因が、じつは主人公たちの友情にあったというのも、皮肉な結末だ。親子の情愛にも似た篤い友情が、結局は国家を守ることになるわけだから、なんだかやるせない話だが、いつだって、国家とわたしたちとの関係はやるせないものなのだから、これは一面の真理を言い当てた作品でもあった。力作である。

【文庫版】
オリンピックの身代金(上) (講談社文庫) / 奥田 英朗
オリンピックの身代金(上) (講談社文庫)
  • 著者:奥田 英朗
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(480ページ)
  • 発売日:2014-11-14
  • ISBN:4062779668

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。



【この選評が収録されている書籍】
井上ひさし全選評 / 井上 ひさし
井上ひさし全選評
  • 著者:井上 ひさし
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(821ページ)
  • ISBN:4560080380

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

オリンピックの身代金 / 奥田 英朗
オリンピックの身代金
  • 著者:奥田 英朗
  • 出版社:角川グループパブリッシング
  • 装丁:単行本(524ページ)
  • 発売日:2008-11-28
  • ISBN:4048738992

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

初出メディア

小説現代

小説現代 2009年5月

関連書評/解説/選評
井上ひさしの書評/解説/選評
ページトップへ