書評

『レオナルド・ダ・ヴィンチ伝説の虚実―創られた物語と西洋思想の系譜』(中央公論新社)

  • 2020/11/03
レオナルド・ダ・ヴィンチ伝説の虚実―創られた物語と西洋思想の系譜 / 竹下 節子
レオナルド・ダ・ヴィンチ伝説の虚実―創られた物語と西洋思想の系譜
  • 著者:竹下 節子
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:単行本(220ページ)
  • 発売日:2006-05-01
  • ISBN-10:4120037339
  • ISBN-13:978-4120037337
内容紹介:
万能の天才、魔術師、錬金術師、秘密結社の首領…。ルネサンス以降、様々な妄想により紡がれた伝説の変容を西洋思想の地下水脈から検証する。

西欧の「隠れた思想史」浮上

『ダ・ヴィンチ・コード』のせいで秘密結社のリーダーという影の顔が定着してしまったレオナルドだが、彼がどの程度オカルトの潮流に関わったかを知りたい人は多いだろう。本書はその疑問に答えてくれる。

オカルト的なレオナルド解釈の論拠に、彼が謎の「アカデミア」を率いたという説がある。本書は、それが実在したとしても、修道士や芸術家や学者の趣味的なサークルにすぎず、ましてや新プラトン主義を奉じる秘教的結社などではありえないと結論する。

しかし、これ以降、伝説は独り歩きする。十八世紀には彼はテンプル騎士団やフリーメイスンと関係づけられ、フロイトからは同性愛者として精神分析され、ペラダンの薔薇十字団によって聖杯の守護者に祭りあげられる。『ダ・ヴィンチ・コード』が書かれる要素はすべて整っていた。

こうした解釈を本書はすべて虚像だと論破していく。これらの像が一定の説得力をもつとすれば、それが西欧思想の陰の潮流の反映だからだ。レオナルドはそうした思想の守護神とするのにうってつけの多面的天才だった。それゆえレオナルドを光源にして、西欧の隠れた思想史が浮かびあがってくるのである。
レオナルド・ダ・ヴィンチ伝説の虚実―創られた物語と西洋思想の系譜 / 竹下 節子
レオナルド・ダ・ヴィンチ伝説の虚実―創られた物語と西洋思想の系譜
  • 著者:竹下 節子
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:単行本(220ページ)
  • 発売日:2006-05-01
  • ISBN-10:4120037339
  • ISBN-13:978-4120037337
内容紹介:
万能の天才、魔術師、錬金術師、秘密結社の首領…。ルネサンス以降、様々な妄想により紡がれた伝説の変容を西洋思想の地下水脈から検証する。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2006年7月9日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
中条 省平の書評/解説/選評
ページトップへ