書評

『魂の殺人―親は子どもに何をしたか』(新曜社)

  • 2017/08/31
魂の殺人―親は子どもに何をしたか / A.ミラー
魂の殺人―親は子どもに何をしたか
  • 著者:A.ミラー
  • 出版社:新曜社
  • 装丁:単行本(379ページ)
  • ISBN-10:4788501732
  • ISBN-13:978-4788501737

犯罪としての教育

少年非行や家庭内暴力が問題になると、「教育が悪いからだ」という声が起こる。間違った教育をしたから、甘やかしたから、親が無関心だったから、子供は非行に走った。だから教育をし直さなければならない。

ところが『魂の殺人』の著者の診断はまるでちがう。教育することこそが暴力の原因なのだ。原著名は「はじめに教育ありき」というほどの意味である。教育をしたために、子供は暴力や麻薬や自殺に走ったのである。なぜなら良い教育であろうが、悪い教育であろうが、あるいは反教育主義的教育であろうが、とまれ教育と名のつく教育一切が、教育をしている当事者(両親・教師)が気がつかないままに、幼児虐待の実情をはぐらかすカムフラージュにほかならないからだ、とA・ミラーは言う。

ショッキングな言説である。けれどもこの著者が、少年犯罪の問題をひたすら親・子関係に限って論じる論調の死角をついて、現在の親の前史、つまり親の幼年時におけるその両親との関係を現在の出来事に組み入れるとき、視界はにわかに大きくひろがる。現在の両親は、かつて彼らが子供のころ、権威主義的な(いやイデオロギー的に自由主義的であっても)その両親から受けた幼児期の痛みを、かつての両親の暴力への復讐として、教育の名において現在のわが子の上にくり返しているのだ。

かりに手を上げずに、いい子になるようにいたれり尽くせりの教育的配慮をしたところで、すでに前史のなかで形成された両親の「いい子」幻想とは、生きている子供にとっては、生命の多様性の芽をつみとる暴力的な強制措置にほかならない。無力な子供はそれに反対したり、怒ったりすることができないのだ。子供ははげしい、またはやわらかい暴力の前に服従し、一見いい子になる。しかし無意識のなかに追いやられた精神的外傷は、いつかは爆発せずにはいられない。

ヒトラー、十三歳で麻薬常習者となった少女クリスティアーネ、四人の少年を性犯罪的に殺害した二十歳の「好青年」ユルゲン・バルチュ、の三人の症例を追いながら、ほとんど推理小説的な推論にしたがって「教育」の犯罪を告発する著者の舌鋒は容赦ない。

きれいごとの解決はなく、親子双方が事実を直視し、痛みを痛みとして憤ることしかない。

(子供の側からの)真正の赦しは(両親に対する)憤りの傍をすり抜けていくのではなくて、その真中をくぐり抜けていくものです

【新装版】
魂の殺人 新装版 / アリス・ミラー
魂の殺人 新装版
  • 著者:アリス・ミラー
  • 翻訳:山下公子
  • 出版社:新曜社
  • 装丁:単行本(400ページ)
  • 発売日:2013-01-17
  • ISBN-10:478851320X
  • ISBN-13:978-4788513204
内容紹介:
◆超ロングセラー待望の新装版出来!◆御愛読いただいてきました『魂の殺人』が新装版となって甦ります! 世界各国で翻訳された名著であり、独裁者ヒトラーの悲惨な子ども時代の描写が圧巻… もっと読む
◆超ロングセラー待望の新装版出来!◆

御愛読いただいてきました『魂の殺人』が新装版となって甦ります! 世界各
国で翻訳された名著であり、独裁者ヒトラーの悲惨な子ども時代の描写が圧巻
ですが、日本でも1983年の初版以来、子どもの暴力や犯罪などの事件、教
育問題が起こるたびに紹介され、注目を集めてきました。訳者の山下公子氏が
「苦しんでいるかもしれない方のためにこの本を訳しました」と述べているよ
うに、いじめ・幼児虐待に取り組む教育・福祉・心理関係者、子育てに悩む両
親、親子関係に苦しむすべての人に、本書が役立つことを願ってやみません。
また「自分の心の穴を知り、親への思いを見直す」ことができる書です(読売
新聞読書欄「本のソムリエ」國分功一郎氏書評、12年10月21日)。本新装版を
ぜひ貴店にご常備下さい。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この書評が収録されている書籍】
遊読記―書評集 / 種村 季弘
遊読記―書評集
  • 著者:種村 季弘
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(268ページ)
  • ISBN-10:4309007767
  • ISBN-13:978-4309007762

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

魂の殺人―親は子どもに何をしたか / A.ミラー
魂の殺人―親は子どもに何をしたか
  • 著者:A.ミラー
  • 出版社:新曜社
  • 装丁:単行本(379ページ)
  • ISBN-10:4788501732
  • ISBN-13:978-4788501737

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 1983年9月19日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
種村 季弘の書評/解説/選評
ページトップへ