書評

『絶叫』(光文社)

  • 2017/09/03
絶叫 / 葉真中 顕
絶叫
  • 著者:葉真中 顕
  • 出版社:光文社
  • 装丁:文庫(613ページ)
  • 発売日:2017-03-09
  • ISBN:4334774504
内容紹介:
マンションで孤独死体となって発見された女性の名は、鈴木陽子。刑事の綾乃は彼女の足跡を追うほどにその壮絶な半生を知る。平凡な人生を送るはずが、無縁社会、ブラック企業、そしてより深い闇の世界へ…。辿り着いた先に待ち受ける予測不能の真実とは!?ミステリー、社会派サスペンス、エンタテインメント。小説の魅力を存分に注ぎ込み、さらなる高みに到達した衝撃作!

戦慄と同時に黒い解放感

欲ばらなければ、真面目に働けば「普通の生活」ができるなんて幻想は、棄(す)てたほうがいいと思い知らされる。孤独死、女性の貧困、ブラック企業、生活保護、DV、ネトウヨ…現代社会の諸問題がひとりの平凡な女の転落に凝縮された凄(すさ)まじい小説だ。

国分寺にあるマンションの一室で、猫に食われた女の死体が発見される場面から物語は始まる。彼女の名は鈴木陽子、40歳。身元を特定するため、所轄の刑事である奥貫綾乃は陽子の経歴を調べる。綾乃の捜査と並行して、陽子の過去が「あなた」という二人称で語られていく。

会社員の父と専業主婦の母、ふたりの子供。戦後日本の標準的な家庭で生まれ育った陽子に、次々と災難が降りかかる。母が溺愛していた弟の自殺、バブル期に借金をつくった父の失踪、家の競売。依存心の強い母は、娘を置いて伯父のもとへ。陽子は手取り12万円の給料でなんとか自活するものの、離婚や転職をきっかけに破綻。〈見えざる棄民〉になってしまう。

他の人より怠けているわけでも、大きな欠点があるわけでもないのに、なぜかいつも存在を軽んじられ、居場所がない。陽子の人生を象徴するのは、幼いころ飼っていた金魚だ。狭い鉢の底で息苦しそうに口をぱくぱくさせながら、どこにも行けず、小さな体を漂わせることしかできない金魚。ひとりぼっちになった夜、初めてバーボンを飲んだ陽子が、グラスの中に金魚の姿をした弟の幽霊を見るシーンは鮮烈だ。金魚は〈人間はただの自然現象だ〉と言う。

良いことも悪いことも巡りあう人も、ただ降ってくるだけの〈自然現象〉と考えるところに、陽子の絶望の深さがあらわれている。居場所を求めるほど、仕事や人間関係の選択肢は減り、閉塞(へいそく)感は増す。救いがない。でも、心から読んでよかったと思う。常に受け身だった陽子が、やがて意志を持って自由を手に入れようとするからだ。そのために冷酷な犯罪者になるのだけれど。陽子がある言葉を叫ぶ結末にたどりついた瞬間、戦慄(せんりつ)と同時に黒い解放感をおぼえずにはいられない。
絶叫 / 葉真中 顕
絶叫
  • 著者:葉真中 顕
  • 出版社:光文社
  • 装丁:文庫(613ページ)
  • 発売日:2017-03-09
  • ISBN:4334774504
内容紹介:
マンションで孤独死体となって発見された女性の名は、鈴木陽子。刑事の綾乃は彼女の足跡を追うほどにその壮絶な半生を知る。平凡な人生を送るはずが、無縁社会、ブラック企業、そしてより深い闇の世界へ…。辿り着いた先に待ち受ける予測不能の真実とは!?ミステリー、社会派サスペンス、エンタテインメント。小説の魅力を存分に注ぎ込み、さらなる高みに到達した衝撃作!

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

産経新聞

産経新聞 2014年10月19日

関連記事
石井 千湖の書評/解説/選評
ページトップへ