書評

チャタトン偽書(文藝春秋)

  • 2017/10/12
チャタトン偽書 / ピーター・アクロイド
チャタトン偽書
  • 著者:ピーター・アクロイド
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:単行本(446ページ)
  • 発売日:1990-11-01
  • ISBN:4163117709

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

偽書の真実

十八世紀イギリスにトマス・チャタトンという天才詩人がいた。中世の古詩を復元したと称する作品を発表したが、偽作の嫌疑を持たれて十八歳で自殺した。チャタトンといえば天才的贋作者か、十代でそれだけの仕事をした天才詩人か、スキャンダラスないかがわしさがいまだに尾を引いている。だから『チャタトン偽書』という小説が二百年後に出てきた。

はじめはアレック・ギネス主演の幽霊映画でも観るような、うす気味の悪いユーモア小説という感じである。チャタトンだけではなく、ジョージ・メレディスやウォリスのような前世紀の詩人・画家が墓場からむくむくよみがえってき、かわりに現代の詩人や小説家があっさり死んでしまったり、瀕死の老化や衰弱に見舞われたりする。そんなふうに時間が倒錯しているだけではない。嘘とほんとう、偽書とオリジナルの位相が幾重にもすり変わり、登場人物のほとんど全員が贋作者なので、あわよくば一束の古原稿で大穴を当てようものと、ゲームの駆け引きがおそろしく込み入ってくる。揚げ句は、すべてが冗談から出た駒の空騒ぎと知れる。

そう書くと、ありふれたポストモダン小説と思われかねないし、事実ポストモダン小説の剥製じみた模作といえないこともない。口汚いジョークをうそぶくためにだけ生存しているような老女作家や、ベストセラーの不安におびえる小説家、パンチとジュディの人形劇を地でゆくようなホモの夫婦や幽霊じみた古道具屋夫婦、それぞれが血の通った人間よりは剥製人形のようにぎくしゃくと動きまわる。なかで主人公の貧乏詩人のサロンだけが金のなさゆえに例外的にあわただしい時間からとりのこされて、乏しさの楽園を形成している。

ところがその最後の楽園も、ニセ肖像画が持ち込まれるや世間と地続きになってあえなく崩壊してしまう。それを再建するために事件の全体を小説として書きあげようと登場人物の一人が決意し、どうやらそうして書かれたのがこの小説らしいと見当がつくあたりで、空騒ぎは一転、作中にちらりと姿を見せる白痴の子どもの沈黙のようなものをよびだして空騒ぎを相対化するための饒舌と分かる。同時に相対の遊戯は死んで、ポストモダンはめでたく盗作され、昔ながらの創作がはじまる。スリの手口みたいな早業と古めかしい温かみが奇妙に共存している小説である。

【この書評が収録されている書籍】
遊読記―書評集 / 種村 季弘
遊読記―書評集
  • 著者:種村 季弘
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(268ページ)
  • ISBN:4309007767

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

チャタトン偽書 / ピーター・アクロイド
チャタトン偽書
  • 著者:ピーター・アクロイド
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:単行本(446ページ)
  • 発売日:1990-11-01
  • ISBN:4163117709

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 1991年1月13日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連書評/解説/選評
種村季弘の書評/解説/選評
ページトップへ