書評

『外套・鼻』(岩波書店)

  • 2017/10/19
外套・鼻  / ゴーゴリ
外套・鼻
  • 著者:ゴーゴリ
  • 翻訳:平井 肇
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:文庫(143ページ)
  • 発売日:2006-02-16
  • ISBN-10:4003260538
  • ISBN-13:978-4003260531
内容紹介:
ある日、鼻が顔から抜け出してひとり歩きを始めた…写実主義的筆致で描かれる奇妙きてれつなナンセンス譚『鼻』。運命と人に辱められる一人の貧しき下級官吏への限りなき憐憫の情に満ちた『外套』。ゴーゴリ(1809‐1852)の名翻訳者として知られる平井肇(1896‐1946)の訳文は、ゴーゴリの魅力を伝えてやまない。
ドストエフスキーはかつて「我々は皆『外套』から生まれてきた」といった。ロシアの散文は、ゴーゴリ以後、民話の時代から小説の時代に入った。近代ロシア文学の黄金期それはロシア帝国の版図拡大と重なる。プーシキンもレールモントフもトルストイもコーカサスに従軍した兵士だったし、ドストエフスキーはシベリアの流刑者だった。ゴーゴリは小ロシアとも呼ぼれたウクライナから来た男だった。インテリと農民の出会い、都市と辺境の交通、ヨーロッパとアジアの交差が、ロシア語に折り込まれてゆく。

新調したばかりの外套を盗まれた下級官吏の絶望のなかに、ロシア人の無意識が顔を出す。外套を探しまわる主人公は無意識にペテルスブルグの街を測量している。そこには偉大な思想もなければ、崇高な理想もない。外套を盗まれたという現実だけが無意味に投げ出されている。その現実に押しつぶされて幽霊になった下級官吏は永遠に外套に執着し続ける。

この下級官吏を笑いながら、読老はふと気づくのである。これはオレのことだと。

【この書評が収録されている書籍】
必読書150 / 柄谷 行人,岡崎 乾二郎,島田 雅彦,渡部 直己,浅田 彰,奥泉 光,スガ 秀実
必読書150
  • 著者:柄谷 行人,岡崎 乾二郎,島田 雅彦,渡部 直己,浅田 彰,奥泉 光,スガ 秀実
  • 出版社:太田出版
  • 装丁:単行本(221ページ)
  • 発売日:2002-04-01
  • ISBN-10:4872336569
  • ISBN-13:978-4872336566
内容紹介:
現実に立ち向かう知性回復のために本当に必要なカノン(正典)を提出し、読まなくてもいい本を抑圧する、反時代的、強制的ブックガイド。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

外套・鼻  / ゴーゴリ
外套・鼻
  • 著者:ゴーゴリ
  • 翻訳:平井 肇
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:文庫(143ページ)
  • 発売日:2006-02-16
  • ISBN-10:4003260538
  • ISBN-13:978-4003260531
内容紹介:
ある日、鼻が顔から抜け出してひとり歩きを始めた…写実主義的筆致で描かれる奇妙きてれつなナンセンス譚『鼻』。運命と人に辱められる一人の貧しき下級官吏への限りなき憐憫の情に満ちた『外套』。ゴーゴリ(1809‐1852)の名翻訳者として知られる平井肇(1896‐1946)の訳文は、ゴーゴリの魅力を伝えてやまない。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ
関連記事
島田 雅彦の書評/解説/選評
ページトップへ