書評

『カリブ海の海賊たち』(新潮社)

  • 2018/02/07
カリブ海の海賊たち  / クリントン・V. ブラック
カリブ海の海賊たち
  • 著者:クリントン・V. ブラック
  • 翻訳:増田 義郎
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(227ページ)
  • ISBN-10:4106003864
  • ISBN-13:978-4106003868
内容紹介:
海賊の中の海賊バーソロミュー・ロバーツ、またの名黒ひげと恐れられたエドワード・ティーチ…。18世紀初期の西インド諸島の海賊たちの宿命的な人生の記録。

少年時代のイメージそのままの話

れっきとした犯罪でありながら、海賊にかぎって許せてしまう、どころか、あこがれさえするのはどうしてだろうか。

ディズニーランドの大人気出しものの一つに“カリブの海賊たち”というのがあって、黒地にドクロの旗を掲げた帆船が島かげから急に現れたり、大砲をブッ放したり、頭にハンカチを巻いた片目の海賊やらヒゲをはやした船長やらが金銀宝石金貨のこぼれる宝箱を前に飲めや歌えの大宴会を繰り広げるが、ああいう作り話みたいな光景はすべて本当のことだった、とこの本には書いてある。

黒地にドクロの旗なんて映画用の工夫と思いきや、海賊ラカムはドクロに剣、海賊船長ロバーツはドクロの上に立つ船乗り、というぐあいに具体的図柄まで掲げられては信じるしかない。

しかし、すべてが少年の頃に『宝島』を読んでイメージしたとおりかというと若干のズレはあって、たとえば海賊が財宝をどっかに埋めて隠すなんてことは絶対にしなかったし、例の”黒ヒゲ船長”の本当のヒゲの様子は、「ばかばかしいまでの長さにのばし、それを何十ものおさげに編んで、リボンを結び、耳の上にたくしあげていた。戦闘がはじまると、彼は、硝石にひたしたゆっくりともえる大麻を、編み毛や帽子の下に結びつける。それが顔の両がわでもえると、もともとこわく、血走った彼の目が、円をえがく煙の中から怪しく光って」というようなしろものだった。

そうした小さなズレはあるにしても、ほぼ少年時代のイメージどおりというのはうれしい。

たとえば、敵に対しては生きたまま腹を裂いて腹ワタを立ち木に釘で打ちつけるような残虐はしても仲間うちはほとんど少年団みたいなもので、海賊団ごとにルールが成文化されており、その内容はきわめて民主的で、たとえばラウザ船長の海賊団の場合、「船長の分け前はふつうの者の二倍」、「交戦のとき四肢の一部を失った者は一五〇ポンドの額を支給され、適当と判断されるかぎり、仲間とともにとどまってよい」、「最初に(獲物の)帆を見つけた者は、その船で得られる最上のピストル、または小火器を与えられる」、といった約束が交わされていた。

こうした海賊は、カリブ海を植民地支配するスペイン、ポルトガルに対し、イギリス、フランス、オランダの後発国が正規の軍隊の代わりに使った道具にすぎないことは今日の世界史の常識だが、著者のブラックはそうした国際政治的背景をちゃんと押さえながら、しかし“そらみたことか海賊だって実は”といった言い方をしないのがうれしい。カリブ生まれのカリブ育ちの歴史家らしく、“カリブの海賊たち”の立場から海賊を描いている。

とりわけ面白いのは、アンとメアリという二人の女海賊の生涯を描いたところだが、女海賊の存在についてはさしものディズニーランドも知らなかったらしく、登場させていない。

【この書評が収録されている書籍】
建築探偵、本を伐る / 藤森 照信
建築探偵、本を伐る
  • 著者:藤森 照信
  • 出版社:晶文社
  • 装丁:単行本(313ページ)
  • 発売日:2001-02-10
  • ISBN-10:4794964765
  • ISBN-13:978-4794964762
内容紹介:
本の山に分け入る。自然科学の眼は、ドウス昌代、かわぐちかいじ、杉浦康平、末井昭、秋野不矩…をどう見つめるのだろうか。東大教授にして路上観察家が描く読書をめぐる冒険譚。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

カリブ海の海賊たち  / クリントン・V. ブラック
カリブ海の海賊たち
  • 著者:クリントン・V. ブラック
  • 翻訳:増田 義郎
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(227ページ)
  • ISBN-10:4106003864
  • ISBN-13:978-4106003868
内容紹介:
海賊の中の海賊バーソロミュー・ロバーツ、またの名黒ひげと恐れられたエドワード・ティーチ…。18世紀初期の西インド諸島の海賊たちの宿命的な人生の記録。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

週刊朝日

週刊朝日 1990年10月26日

関連記事
藤森 照信の書評/解説/選評
ページトップへ