書評

『芸術家の年賀状』(二玄社)

  • 2018/04/07
芸術家の年賀状 / 小池 邦夫
芸術家の年賀状
  • 著者:小池 邦夫
  • 出版社:二玄社
  • 装丁:単行本(149ページ)
  • 発売日:2004-10-01
  • ISBN:4544023270
内容紹介:
日本画家、洋画家、彫刻家、版画家など芸術家68名の年賀状255通を一挙公開。
年賀状というのは、大人になってたくさん「出さなきゃイケない」となるとたいそう面倒なものである。

しかし、お正月の朝、なつかしい知り合いや、親しい友人から送られてきた年賀状を見るのは、楽しい。

年賀状が現在のようなものになったのは、明治三十三(一九〇〇)年前後らしい。この年に私製はがきの解禁があったのだそうで、その以前にも官製はがきで肉筆の年賀状らしきものはあったろうが、この頃急激に流行したらしい。(日本絵葉書会・山田俊幸氏による)

本書は、芸術家の年賀状があつめられていて、オールカラーで見ることができる。

来年の干支(えと)のニワトリをモチーフにした年賀状は(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2004年11月)、青木繁、北原白秋と親交のあった洋画家、森田恒友のもの(平福百穂あて)。ひょうひょうとしていて、楽しい絵だ。

トリ年のものでは、村山槐多が森於菟に送ったものもある。こちらはちょっとアールヌーボー調の洒落(しゃれ)た画風。

年賀状が縁で漱石の「吾輩は猫である」の装丁もした橋口五葉のもの、小川芋銭や鏑木清方、杉浦非水に川上澄生、石井鶴三から棟方志功、東山魁夷と大家の賀状も、それぞれ楽しく、肩の凝らない鑑賞ができる。
芸術家の年賀状 / 小池 邦夫
芸術家の年賀状
  • 著者:小池 邦夫
  • 出版社:二玄社
  • 装丁:単行本(149ページ)
  • 発売日:2004-10-01
  • ISBN:4544023270
内容紹介:
日本画家、洋画家、彫刻家、版画家など芸術家68名の年賀状255通を一挙公開。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2004年11月21日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
南 伸坊の書評/解説/選評
ページトップへ