書評

『ファイナル・カット―『天国の門』製作の夢と悲惨』(筑摩書房)

  • 2018/04/16
ファイナル・カット―『天国の門』製作の夢と悲惨 / スティーヴン バック
ファイナル・カット―『天国の門』製作の夢と悲惨
  • 著者:スティーヴン バック
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:単行本(447ページ)
  • ISBN:4480871756
内容紹介:
膨大な金と時間を呑みこんで、『天国の門』の撮影は遅れに遅れた…。フランシス・コッポラ、ウディ・アレン、ピーター・セラーズ、バーブラ・ストライサンドら多彩な登場人物を背景に、落日のユナイト映画幹部が、完全主義者のマイケル・チミノ監督との息づまる男の対決を自らつづった白熱のドキュメント。

映画という巨大な賭事の魅力

映画の中のガンファイトなど、監督と映画会社のそれに比べれば屁(へ)みたいなもんだと言ったのはサム・ペキンパー監督だが、この後者のガンファイト、映画監督にとっては、製作費をストップされるかファイナル・カットの権利を取り上げられるかすれば負けとなるのだから、いわば必敗の戦いときまっている。しかし、ガンファイトである以上、映画監督が勝ってしまうことも原理的にはありえる。だが、その場合には、映画会社はどうなるのか。じつは、十年ほど前この事態が現実に起こったのである。完全主義者のマイケル・チミノ監督が『天国の門』に膨大な金と時間を注ぎこむのを阻止することのできなかった名門ユナイト(ユナイティッド・アーチスト)は、その製作費を回収するのに失敗し、経営不振に陥って、MGMに買収されてしまったのである。

本書は最高責任者として『天国の門』の製作に携わったユナイト副社長スティーヴン・バックが、マイケル・チミノ監督との息詰まる対決を回顧したドキュメントで、たしかにペキンパーの言う通り、並のガンファイトなどよりもはるかにおもしろい。

ユナイト側の最大の失敗は、『ディア・ハンター』でアカデミー賞を総なめにしたチミノのかましたブラフ(はったり)を見抜けなかったことにある。アカデミー賞を取ったばかりの監督から、お宅でやらないなら、ほかへ話をもっていくよ、と言われて、ひるまない映画会社はないが、少なくともユナイトがチミノの演出の完璧(かんぺき)主義を事前に調査していれば、監督のはじき出した予算では、製作が不可能だということを見抜けたはずである。実際、ユナイトの内部にも、それを早くから予想していたプロもいた。だが、『ディア・ハンター』の成功で、幹部はリスクよりもリターンに目が眩(くら)み結局OKを出してしまう。

失敗の第二は、製作責任者の著者が、経営プロではなく、映像の美しさを愛する映画人だったことにある。いっこうに進展しない撮影現場を偵察にいった著者は、チミノからラッシュ・フィルムを見せられて「デヴィッド・リーンの撮った西部劇だ」と感激し、撮影の短縮を強要することもできずに帰ってくる。監督の更迭も考えるが、すでにつぎ込んだ製作費が撤退の大きなネックになる。数倍に膨らんだ製作費に恐れをなしたユナイトは、ようやくチミノに条件を呑のませることに成功するが、ときすでに遅かった。おまけに、できあがった作品は、批評家に「掛け値なしの駄作」と酷評される(評者は傑作だと思う)。悪かったのは、製作費を無視したチミノか、チミノの暴走を止められなかったユナイトか。

監督と映画会社のガンファイトは画面にはあらわれない。というよりも、絶対にみせてはいけないものである。だが、映画は芸術である前に産業であるという宿命を免れない以上、この決闘は映画の本質そのものを規定することになる。すなわち、このガンファイト、芸術が勝つことも産業が勝つことも許されない果てしなき決闘でありながら、いいかげんな戦いかたでは、ろくな映画は生まれてこないという絶対的な矛盾を含むものなのである。

「芸術的良心」と「金」という永遠の問題に、「金」の側から光を当てた貴重な証言であると同時に、映画という巨大な賭事(かけごと)の魅力を存分に伝えるドキュメントである。(浅尾敦則訳)

【この書評が収録されている書籍】
歴史の風 書物の帆  / 鹿島 茂
歴史の風 書物の帆
  • 著者:鹿島 茂
  • 出版社:小学館
  • 装丁:文庫(368ページ)
  • 発売日:2009-06-05
  • ISBN:4094084010
内容紹介:
作家、仏文学者、大学教授と多彩な顔を持ち、稀代の古書コレクターとしても名高い著者による、「読むこと」への愛に満ちた書評集。全七章は「好奇心全開、文化史の競演」「至福の瞬間、伝記・自伝・旅行記」「パリのアウラ」他、各ジャンルごとに構成され、専門分野であるフランス関連書籍はもとより、歴史、哲学、文化など、多岐にわたる分野を自在に横断、読書の美味を味わい尽くす。圧倒的な知の埋蔵量を感じさせながらも、ユーモアあふれる達意の文章で綴られた読書人待望の一冊。文庫版特別企画として巻末にインタビュー「おたくの穴」を収録した。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ファイナル・カット―『天国の門』製作の夢と悲惨 / スティーヴン バック
ファイナル・カット―『天国の門』製作の夢と悲惨
  • 著者:スティーヴン バック
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:単行本(447ページ)
  • ISBN:4480871756
内容紹介:
膨大な金と時間を呑みこんで、『天国の門』の撮影は遅れに遅れた…。フランシス・コッポラ、ウディ・アレン、ピーター・セラーズ、バーブラ・ストライサンドら多彩な登場人物を背景に、落日のユナイト映画幹部が、完全主義者のマイケル・チミノ監督との息づまる男の対決を自らつづった白熱のドキュメント。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 1993年5月10日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連書評/解説/選評
鹿島 茂の書評/解説/選評
ページトップへ