書評

『すべて真夜中の恋人たち』(講談社)

  • 2018/05/27
すべて真夜中の恋人たち / 川上 未映子
すべて真夜中の恋人たち
  • 著者:川上 未映子
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(360ページ)
  • 発売日:2014-10-15
  • ISBN:4062779404
内容紹介:
『ヘヴン』の衝撃から2年、芥川賞作家が投げかける究極の恋愛。孤独な魂のふれあいから生まれた哀しみは、かけがえのない光となる。

男女の交流、きれいに掬いあげ

もう各紙誌で話題になっている川上未映子の新刊だ。今回は、いわゆる非モテ系の男女の交流が描かれる(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2011年11月)。

主人公はフリーランスの校閲者。自宅で仕事をしている。だが徐々に精神のバランスを崩しかける。ある日、自分を鼓舞して出かけたカルチャースクールで、高校の物理の教師だという中年の男性(三束さん)と出会う。だが、2人の関係はぜんぜん進展しない。

喫茶店で話をするだけの2人。それも約束の時間さえ間遠で、ときどき会って話をする程度。読者はイライラのしっぱなしなのだが、そんな2人でも少しずつ少しずつ距離を縮めていく。

ラスト近く。2人はフランス料理店で食事する。その後、歩いて散歩する。この場面がいい。詩である。詩集を読んでいるような気がする。川上の筆は2人の関係の淡さ、はかなさをきれいに掬(すく)いあげている。

前作『ヘヴン』ほどリアルではないかもしれない。しかし川上未映子は確実に小説家として前進している。

私は初出誌で読んだが、単行本ではさらに手が入り、三束さんも非モテの男性だったことが明確に。今年、記憶に残る一冊。
すべて真夜中の恋人たち / 川上 未映子
すべて真夜中の恋人たち
  • 著者:川上 未映子
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(360ページ)
  • 発売日:2014-10-15
  • ISBN:4062779404
内容紹介:
『ヘヴン』の衝撃から2年、芥川賞作家が投げかける究極の恋愛。孤独な魂のふれあいから生まれた哀しみは、かけがえのない光となる。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

日本経済新聞

日本経済新聞 2011年11月2日

関連記事
陣野 俊史の書評/解説/選評
ページトップへ