書評

『猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第1巻 構造改革とはなにか 新篇 日本国の研究』(小学館)

  • 2018/10/10
猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第1巻 構造改革とはなにか 新篇 日本国の研究 / 猪瀬直樹
猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第1巻 構造改革とはなにか 新篇 日本国の研究
  • 著者:猪瀬直樹
  • 出版社:小学館
  • 装丁:Kindle版(0ページ)
  • 発売日:2001-10-10
  • ASIN: B07FSP5185
内容紹介:
落合陽一氏絶賛!!日本の官僚システムに大きく切り込んだ記念碑的作品。道路公団改革の原点。収録作の「構造改革とはなにか」は、日本の官僚システムに大きく切り込んだ記念碑的作品。著者は、日本政治の構造欠陥を見抜き、本書がきっかけとなって道路公団改革に深く関わっていく。本書前半は… もっと読む
落合陽一氏絶賛!!日本の官僚システムに大きく切り込んだ記念碑的作品。道路公団改革の原点。収録作の「構造改革とはなにか」は、日本の官僚システムに大きく切り込んだ記念碑的作品。著者は、日本政治の構造欠陥を見抜き、本書がきっかけとなって道路公団改革に深く関わっていく。本書前半は書籍『日本国の研究』(1997年3月文藝春秋刊行)。後半には後に執筆された「増補 公益法人の研究」を収録した。附録に、著者による「日本道路公団分割民営化案」。巻末の「解題」には、「小泉純一郎との対話」(『文藝春秋』1997年2月号初出)を収録。対談時、第二次橋本内閣の厚生大臣であった小泉氏と、官僚機構の問題点と行革について論じている。ほかに、小泉内閣で経済財政・金融担当大臣を務めた竹中平蔵氏が『日本国の研究』文庫版(文春文庫1993年刊)に寄稿した解説文。猪瀬自身がのちに発表した関連記事「小泉『新』首相に期待すること」(『週刊文春』2001年6月21日号初出)、「官僚『複合腐敗』は五十年周期で来る」(『文藝春秋』2000年5月号初出)。さらに、著作集編集委員の一人である鹿島茂氏との対談「知の“十種競技”選手として」など、多くの関連原稿や、雑誌・新聞に掲載された書評などを多数収録。

鹿島茂「私の読書日記」より

×月×日

自宅のある横浜のはずれから東京に行くのに車だと何時間かかるか予測がつかないので、普段は電車を利用している(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は1997年)。ところが今日はどうしても車で行かなければならず、近くのインターから横浜・横須賀道路、横須賀・羽田道路、首都高と乗り継いだら、なんと片道二千円も取られた。おまけに羽田をすぎたあたりから渋滞十二キロだ。三月末なので例によって予算消化の工事だろう。平和島のパーキング・エリアは超満員でトイレにも行けない。こんなことはもう三十年も前から続いているのに、いっこうに改まる気配がない。ところが、聞くところでは日本道路公団は大変な赤字だという。どうなってるの?

猪瀬直樹『日本国の研究』は、こうした常態と化した日本の「異常態」が、じつは資本主義国日本の内部に巣くう共産主義国、すなわち官僚組織とそれに寄生している無数の公益法人という利益共同体の自己増殖作用によってもたらされたものであることを、目の覚めるような鮮やかさで解き明かしてくれる。

たとえば、二十二兆円の借金を抱える日本道路公団は財政投融資からの借入金利が高いので、足りない分は国費助成金(つまり我々の税金)で補っている。しかも、この借金体質は改まりそうもなく第二の国鉄と化している。これぐらいのところは我々も新聞で知っている。本書がスリリングなのは、ここから先だ。すなわち、この大借金公団の下には、まるで地下茎のように高い利益率を誇る財団法人や会社がぶら下がって、公団の栄養(つまり税金と高速料金)をすべて吸い取っている。

たとえばパーキング・エリアやサーヴィス・エリアのレストランや売店を仕切っている道路施設協会という財団法人は、百億円の経常利益をあげている。さらにこの下に無数の下請け子会社があり、いずれも高収益企業である。無競争で、割りのいい仕事を回してもらっているのだから当然だ。ところが、驚いたことに、これら地下茎法人の利益は道路公団の赤字の補?には使われることはなく、職員の給与や豪華なビルの家賃に回され、余った分は投資に向けられる。いうまでもなく、これらの公団の関連法人の役員はほとんどが建設省および道路公団からの天下りによって占められている。つまり、建設省の役人および道路公団の職員が順送りで、利益を享受できるような見えないシステムができあがっているのだ。道路公団は無限に税金を食い続けているというのに。

なぜ、こんなことが起きるのか? 下請け法人が、道路公団の出資ではなく、職員の互助会の出資だからだ。「本体の道路公団は借金漬けなのに子会社群は儲かっている。その儲けは決して本体の道路公団へは還流しない」。これと同じ寄生システムが住都公団・水資公団などほとんどすべての特殊法人に存在していて、税金を食べつくしている。恐るべき実態である。だが、おそらく、この本を読んだ新聞記者たちは、そんなことならとっくに知っていたというに決まっている。『田中角栄研究』のときと同じように。
猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第1巻 構造改革とはなにか 新篇 日本国の研究 / 猪瀬直樹
猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第1巻 構造改革とはなにか 新篇 日本国の研究
  • 著者:猪瀬直樹
  • 出版社:小学館
  • 装丁:Kindle版(0ページ)
  • 発売日:2001-10-10
  • ASIN: B07FSP5185
内容紹介:
落合陽一氏絶賛!!日本の官僚システムに大きく切り込んだ記念碑的作品。道路公団改革の原点。収録作の「構造改革とはなにか」は、日本の官僚システムに大きく切り込んだ記念碑的作品。著者は、日本政治の構造欠陥を見抜き、本書がきっかけとなって道路公団改革に深く関わっていく。本書前半は… もっと読む
落合陽一氏絶賛!!日本の官僚システムに大きく切り込んだ記念碑的作品。道路公団改革の原点。収録作の「構造改革とはなにか」は、日本の官僚システムに大きく切り込んだ記念碑的作品。著者は、日本政治の構造欠陥を見抜き、本書がきっかけとなって道路公団改革に深く関わっていく。本書前半は書籍『日本国の研究』(1997年3月文藝春秋刊行)。後半には後に執筆された「増補 公益法人の研究」を収録した。附録に、著者による「日本道路公団分割民営化案」。巻末の「解題」には、「小泉純一郎との対話」(『文藝春秋』1997年2月号初出)を収録。対談時、第二次橋本内閣の厚生大臣であった小泉氏と、官僚機構の問題点と行革について論じている。ほかに、小泉内閣で経済財政・金融担当大臣を務めた竹中平蔵氏が『日本国の研究』文庫版(文春文庫1993年刊)に寄稿した解説文。猪瀬自身がのちに発表した関連記事「小泉『新』首相に期待すること」(『週刊文春』2001年6月21日号初出)、「官僚『複合腐敗』は五十年周期で来る」(『文藝春秋』2000年5月号初出)。さらに、著作集編集委員の一人である鹿島茂氏との対談「知の“十種競技”選手として」など、多くの関連原稿や、雑誌・新聞に掲載された書評などを多数収録。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

週刊文春

週刊文春 1997年4月17日

昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

関連記事
鹿島 茂の書評/解説/選評
ページトップへ