選評

『泥人魚』(新潮社)

  • 2020/04/09
泥人魚 / 唐 十郎
泥人魚
  • 著者:唐 十郎
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(158ページ)
  • 発売日:2004-04-01
  • ISBN-10:4103055030
  • ISBN-13:978-4103055037
内容紹介:
干拓に追われて諫早湾を去り、ブリキ屋で働く若者。ブリキ屋の主人で、まだら呆けの詩人。そして若者を追ってきた人魚のような不思議な女。海の記憶が宿る義眼に導かれ、若者と女とは再会を果たすが…。「独特の詩情と叙情とユーモア。すぐれた劇詩人で舞台の魔術師、唐十郎の集大成」と井上ひさし氏が絶賛した傑作戯曲。読売文学賞、紀伊国屋演劇賞、鶴屋南北戯曲賞をトリプル受賞。

読売文学賞(第55回)

受賞作=小川洋子「博士の愛した数式」(小説賞)、唐十郎「泥人魚」(戯曲・シナリオ賞)、若島正「乱視読者の英米短篇講義」(随筆・紀行賞)、沼野充義「ユートピア文学論」(評論・伝記賞)、栗木京子「歌集『夏のうしろ』」(詩歌俳句賞)、谷沢永一「文豪たちの大喧嘩」(研究・翻訳賞)/他の選考委員=大岡信、岡野弘彦、川村二郎、川本三郎、菅野昭正、河野多惠子、津島佑子、富岡多惠子、丸谷才一、山崎正和/主催=読売新聞社/発表=同紙二〇〇四年二月一日

舞台の魔術師 集大成 「泥人魚」について

天草の一揆と特攻隊の人間魚雷と浦上天主堂上空の原爆炸裂(さくれつ)と諫早湾の干拓を一気に吹き寄せ、それらをすばやく捩曲げ切り刻み、その上で一切を鮮やかに繋ぎ合わせて、だれも見たことのない演劇的時空間を創り出す。トタン板を打楽器から詩人のための鏡に変え、さらに海を切断するシャッターに変形させる。湯タンポを人間魚雷に見立てると、実際にそれは人間魚雷としか見えなくなる。ウドンの紐とゴム長靴は電話線になり、すぐさま両性の性器に成り代わる。いつもみごとな唐魔術である。そして「生きている証しの、人生色のウンコ」といったような、独特の詩情と叙情とユーモア。これは、すぐれた劇詩人で、かつ舞台の魔術師の唐十郎の集大成である。

【この選評が収録されている書籍】
井上ひさし全選評 / 井上 ひさし
井上ひさし全選評
  • 著者:井上 ひさし
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(821ページ)
  • 発売日:2010-02-01
  • ISBN-10:4560080380
  • ISBN-13:978-4560080382
内容紹介:
2009年までの36年間、延べ370余にわたる選考会に出席。白熱の全選評が浮き彫りにする、文学・演劇の新たな成果。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

泥人魚 / 唐 十郎
泥人魚
  • 著者:唐 十郎
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(158ページ)
  • 発売日:2004-04-01
  • ISBN-10:4103055030
  • ISBN-13:978-4103055037
内容紹介:
干拓に追われて諫早湾を去り、ブリキ屋で働く若者。ブリキ屋の主人で、まだら呆けの詩人。そして若者を追ってきた人魚のような不思議な女。海の記憶が宿る義眼に導かれ、若者と女とは再会を果たすが…。「独特の詩情と叙情とユーモア。すぐれた劇詩人で舞台の魔術師、唐十郎の集大成」と井上ひさし氏が絶賛した傑作戯曲。読売文学賞、紀伊国屋演劇賞、鶴屋南北戯曲賞をトリプル受賞。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

読売新聞

読売新聞 2004年2月1日

関連記事
井上 ひさしの書評/解説/選評
ページトップへ