書評

『異邦の香り ネルヴァル『東方紀行』論』(講談社)

  • 2020/05/13
異邦の香り ネルヴァル『東方紀行』論 / 野崎 歓
異邦の香り ネルヴァル『東方紀行』論
  • 著者:野崎 歓
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(528ページ)
  • 発売日:2019-07-12
  • ISBN-10:4065166764
  • ISBN-13:978-4065166765
内容紹介:
プルーストが、ブルトンが、サイードが愛した、《世界》文学の先駆者ネルヴァルの傑作紀行文を読む。

仏詩人の世界にどっぷり

ジェラール・ド・ネルヴァルは、19世紀中葉のフランスの詩人だ。大ロマン派の詩人たちに比して、やや影が薄い気もするけれど、彼の著作は読みだすとひき込まれる。読者の皆さん、ご注意あれ。コンスタンチノープルへ向かった紀行文『東方紀行』も、いきあたりばったり(にみえる)の書き方につきあっているうちに、どんどんその世界の奥へ――。

本書では、ネルヴァルの『東方紀行』をフランス文学者の野崎歓が自分自身も踏み迷いながら案内してくれる。

「でまかせの漫歩ぶり」を闊達な文体で再現してみせながら、読者は野崎の漫歩ぶりにもひき込まれるのだ。東京大学での最終講義「ネルヴァルと夢の書物」も収録する。

【単行本】
異邦の香り――ネルヴァル『東方紀行』論 / 野崎 歓
異邦の香り――ネルヴァル『東方紀行』論
  • 著者:野崎 歓
  • 出版社:講談社
  • 装丁:単行本(442ページ)
  • 発売日:2010-04-02
  • ISBN-10:4062161761
  • ISBN-13:978-4062161763
内容紹介:
「東方の甘美な香りに誘われ、女性探求の旅が始まる…」プルーストが、サイードが愛した"世界"文学の先駆者ネルヴァルの傑作を読む。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

異邦の香り ネルヴァル『東方紀行』論 / 野崎 歓
異邦の香り ネルヴァル『東方紀行』論
  • 著者:野崎 歓
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(528ページ)
  • 発売日:2019-07-12
  • ISBN-10:4065166764
  • ISBN-13:978-4065166765
内容紹介:
プルーストが、ブルトンが、サイードが愛した、《世界》文学の先駆者ネルヴァルの傑作紀行文を読む。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

日本経済新聞

日本経済新聞 2019/08/22

関連記事
陣野 俊史の書評/解説/選評
ページトップへ