書評

『題未定―安部公房初期短編集』(新潮社)

  • 2020/08/03
題未定―安部公房初期短編集 / 安部 公房
題未定―安部公房初期短編集
  • 著者:安部 公房
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(294ページ)
  • 発売日:2013-01-01
  • ISBN-10:4103008113
  • ISBN-13:978-4103008118
内容紹介:
2012年、新たに発見された幻の短編「天使」をはじめ、19歳の処女作「(霊媒の話より)題未定」を収録。戦中から戦後にかけて、作家デビューの時期に執筆されながら、生前未発表のまま残された10編と、敗戦で混乱する奉天を舞台にした「鴉沼」を採録。やがて世界に名を馳せる安部文学の生成期の息吹を鮮烈に伝える初期短編集。

巨大な〈名〉の背後の〈!?〉な世界

文学部で教えていて恐ろしいことがある。安部公房の名前をあげても、〈?〉顔の学生ばかり。いや、この反応に〈!〉顔の教師だって作家の全貌を知っているわけではない。でも学生たちに世界文学の宇宙で燦然と輝く〈安部公房〉の名くらいは知ってほしいし、その喚起するイメージくらいは共有してほしいと思うものだ。

平易であるが研ぎ澄まされた方法意識に貫かれた文体で、無国籍的で不条理な作品を書いた作家。本書所収の短編を読めばわかるように、地名や人名などの固有名詞のない抽象的な作品設定は、その発想力と言葉の力だけで読者を作品世界に引きずり込む。文化的背景についての知識を持たないまっさらな若い読者に、文学の魅力・魔力を伝えるのにこれほどふさわしい作家もいないのだ。

言葉の力だけで、と書いたが、そんな魔力を持った言葉を、その使い手自身が信用していないようにも見えるのも凄い。昨年発見された短編「天使」の主人公「私」にとって「天使」が「息子」であり「馬の化物」であるように、あるいは表題作「題未定」の旅芸人の少年「パー公」にとって行きずりの村が「故郷」となるように、あらゆる事象が、仮面を剥いで思いも寄らぬ相貌を露(あらわ)にする。

未定なのは題ばかりではない。名と本体が分離し齟齬(そご)をきたす安部公房の世界では、言葉はこの不確かな世界を、読者が訪れる束の間何とか存在たらしめる呪術なのだ。

だから訳知り顔の教師だって、一人歩きしていく「安部公房」という名が夕陽を浴びて文学の曠野に投げかける長い影を見ているだけなのかもしれない。〈安部公房〉の〈始まり〉の周辺に書かれ、これまでなかなか読めなかったこの短編群は、学生、教師のそれぞれが、巨大な〈名〉の背後にある〈!?〉な世界を再び・初めて体験する絶好の機会を提供してくれる。
題未定―安部公房初期短編集 / 安部 公房
題未定―安部公房初期短編集
  • 著者:安部 公房
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(294ページ)
  • 発売日:2013-01-01
  • ISBN-10:4103008113
  • ISBN-13:978-4103008118
内容紹介:
2012年、新たに発見された幻の短編「天使」をはじめ、19歳の処女作「(霊媒の話より)題未定」を収録。戦中から戦後にかけて、作家デビューの時期に執筆されながら、生前未発表のまま残された10編と、敗戦で混乱する奉天を舞台にした「鴉沼」を採録。やがて世界に名を馳せる安部文学の生成期の息吹を鮮烈に伝える初期短編集。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2013年2月24日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
小野 正嗣の書評/解説/選評
ページトップへ