書評

『アトランティスのこころ』(新潮社)

  • 2020/08/07
アトランティスのこころ / スティーヴン キング
アトランティスのこころ
  • 著者:スティーヴン キング
  • 翻訳:白石 朗
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(284ページ)
  • 発売日:2002-04-25
  • ISBN-10:4105019074
  • ISBN-13:978-4105019075
内容紹介:
はじめてのキスは乾いていて、なめらかで、日ざしの温もりをたたえていた-1960年の夏、ボビー、キャロル、サリー・ジョンの仲良し3人組は11歳だった。夏に終わりがこないように、永遠に友情が続くと信じていた彼らの前に、ひとりの老人が現れる。テッド・ブローティガン。不思議な能力を持つ彼の出現を境に、世界は徐々に変容し始める。貼り紙、路上のチョーク、黄色いコートの男たち。少年と少女を、母を、街を、悪意が覆っていき-。あまりにも不意に、あまりにもあっけなく過ぎ去ってしまう少年の夏を描いた、すべての予兆をはらむ美しき開幕。
五つの作品が収められたこの大きなひとつの物語の中には、スティーヴン・キング作品のテーマと魅力のすべてがある。少年時代の終焉、それに伴う喪失と再生の物語。善と悪の相克。なぜ、どこで、どうやって、悪は生じるのかという問いかけ。理想と幻滅。輝きと翳(かげ)り。暴力。そして恐怖。恐怖を抱えて生きていくことの苦痛。ここには、キング作品のすべてがあるのだ。

なかでもっとも長い物語が、十一歳の少年ボビーのひと夏の経験を描いた「黄色いコートの下衆男たち」だ。親友のサリー・ジョンやキャロルと海に行く時に更衣室代の五セントすら出し渋る怒りっぽい母親と、狭いアパートメントで暮らしているボビー。ある日、彼は上の階に越してきたテッドという老人と知り合う。本好きのボビーは博識で読書家のテッドに惹かれ、しばしば老人の部屋を訪れるのだが、母親はそれを快く思っていない。テッドはボビーに頼む。「町で起きていることによく目をこらしておくれ」と。ペット探しの貼り紙や、石蹴り遊びの格子の横に描き添えられた謎めいた記号等。それらはすべて、自分を追っている「下衆男たち(ロウ・メン)」による暗号なのだ、とテッドは説明する。はじめのうちは妄想だと思っていたボビーだが――。

『スタンド・バイ・ミー』を想起させる物語に、『シャイニング』『デッド・ゾーン』を彷彿させるエピソードと〈暗黒の塔〉シリーズの設定を盛り込みながら、キングはストーリーテラーとしての技量を存分に発揮する。父親のいないボビーがテッドに抱く尊敬の念や深い愛情。初めての恋、初めてのキス。野球。大人の本の世界への扉を開く一冊の本との出会い……。誕生日に自転車をもらえなくたって、母親から存分な愛をそそいでもらえなくたって、その輝きと喜びは決して色褪せることのない十一歳の夏。誰もが経験したあの夏の日々を、キングは色彩や匂いまでもが伝わってくるような活き活きとした語り口で再現してくれる。だからこそ、終盤でボビーが直面しなくてはならない喪失や幻滅の物語もまた、リアルな痛みを伴って読み手の心に突き刺さるのだ。

泥沼化するヴェトナム戦争を背景に、トランプゲームに夢中になっている大学生たちの姿をピートという青年の視点で描いた「アトランティスのハーツ」は、キングの半ば自伝的なパートになっている。ここでピートの恋人という形で顔を見せるのが、「黄色いコート――」でボビーと初めてのキスを体験したキャロル。自分たちの力で世界を善の側に取り戻すことが出来ると信じていた世代(ピート曰く「アトランティス人」)の希望と挫折を通奏低音に響かせながらも、しかし、一方でキングは悪というものがどれほど簡単に生起し、高邁な理想だっていずれは腐臭を発する、というつらい現実にもしっかり目を向けている。

「盲のウィリー」と「なぜぼくらはヴェトナムにいるのか」で描かれているのは、ヴェトナム戦争に従軍した側の物語だ。人から正気を奪わずにはいなかった戦争の現実とその後遺症。「黄色いコート――」と「アトランティス――」で顔を見せた脇役たちが登場し、革命闘争の最前線にいたキャロルの挫折の経緯についてもここで知ることができる。でも、戦争がテーマだからといってリアリズムに終わらないのが、我らが時代の物語王の王たるゆえんだ。これから読む喜びを削ぐ怖れがあるので詳述はしないけれど、二作品それぞれに寓話の雰囲気をまとわせたり、阿鼻叫喚の幻想的なクライマックスを用意したりと語り口に仕掛けがこらされており、ここでも巻を措く能(あた)わずのキング節は健在なのである。

最後の物語が「天国のような夜が降ってくる」。ここで、読者は懐かしい人物と再会できる。そう、ボビー。そして、彼もまた大切な人との再会を果たす。“アトランティス人”世代の子供時代から、ヴェトナム戦争を背景にした青春時代、その痛みを抱えながら老いのとば口に立つ現在までを描いたこの連作集が、ここでひとつの物語として結び合わされるのだ。それも、あのテッドの魔法によって。「魔法のほんの小さなひとかけらが残って、あとあとまでついてまわる……そんなこともあるんじゃないかな」。ボビーは、「人は成長して、子ども時代の自分をあとに捨てていく」と語る再会の人の諦観をたしなめる。その魔法のほんの小さなひとかけらこそが“アトランティスのこころ”――キングがタイトルに込めた想いが伝わる見事な最終章ではないだろうか。

この長い物語の中では、たくさんの悪が生まれる。たくさんの幻滅や挫折や悲嘆も。にもかかわらず読み終えた後、わたしたちは希望を抱かずにはいられない。無垢なるものは汚され、美しい何かは損なわれてゆくこの世界にあっても、人は魔法の小さなかけらを信じることができるのだ、と。それが、キングの全魅力を投入した傑作が読者に手渡してくれる“こころ”なのだと思う。

【下巻】
アトランティスのこころ / スティーヴン キング
アトランティスのこころ
  • 著者:スティーヴン キング
  • 翻訳:白石 朗
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(318ページ)
  • 発売日:2002-04-25
  • ISBN-10:4105019082
  • ISBN-13:978-4105019082
内容紹介:
1966年、ギャンブルが熱病のように流行し、学生運動の嵐が吹き荒れる大学時代が幕を明け、新入生ビートはひとりの少女に出会う。時はうつって1983年、NYの路上には変装を繰り返し、名前を何度も変えながら出勤するヴェトナム帰りの男が佇んでいた。そして1999年、彼らの生を知ることもなく、ひとりの男が渋滞中の車の中で息絶える-襲いくる、濃密なヴェトナムの影のなかで。絡み合い、もつれ合いながら紡がれるそれぞれの生が、40年という時を経て、感動のクライマックスへと解きほぐされていく。時代を弔い、残酷なまでに切なく時間の刻印を描き出すキング渾身の大作、ここに閉幕。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。


【文庫版】
アトランティスのこころ〈上〉 / スティーヴン・キング
アトランティスのこころ〈上〉
  • 著者:スティーヴン・キング
  • 翻訳:白石 朗
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(552ページ)
  • 発売日:2002-04-01
  • ISBN-10:4102193251
  • ISBN-13:978-4102193259
内容紹介:
初めて彼女にキスした少年のあの夏、それ以上のキスが二度と訪れはしないことを、ぼくは知らなかった…。1960年、11歳のボビーとキャロル、サリー・ジョンは仲良し3人組だった。だが、ひなびた街に不思議な老人が現れてから、彼らの道はすれ違い始める。少年と少女を、母を、街を、悪意が覆っていく-切ない記憶へと変わってしまう少年の夏を描いた、すべての予兆をはらむ美しき開幕。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

アトランティスのこころ〈下〉 / スティーヴン キング
アトランティスのこころ〈下〉
  • 著者:スティーヴン キング
  • 翻訳:白石 朗
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(597ページ)
  • 発売日:2002-04-01
  • ISBN-10:410219326X
  • ISBN-13:978-4102193266
内容紹介:
1966年、ギャンブルと学生運動が吹き荒れる狂騒の大学時代が幕を開け、ピートはキャロルに出会う。1983年、変装を繰り返して出勤する謎の男がNYの路上に佇み、1999年、それらを知ることもなくひとりの男が渋滞中に変死する。それぞれの生が目に見えぬ糸を紡ぎながら、物語は解きほぐされ、感動のクライマックスへと向かっていく-残酷なまでに切なく、時間の刻印を呪う終幕へと。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この書評が収録されている書籍】
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド / 豊崎 由美
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:アスペクト
  • 装丁:単行本(560ページ)
  • 発売日:2005-11-29
  • ISBN-10:4757211961
  • ISBN-13:978-4757211964
内容紹介:
闘う書評家&小説のメキキスト、トヨザキ社長、初の書評集!
純文学からエンタメ、前衛、ミステリ、SF、ファンタジーなどなど、1冊まるごと小説愛。怒濤の239作品! 560ページ!!
★某大作家先生が激怒した伝説の辛口書評を特別袋綴じ掲載 !!★

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

アトランティスのこころ / スティーヴン キング
アトランティスのこころ
  • 著者:スティーヴン キング
  • 翻訳:白石 朗
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(284ページ)
  • 発売日:2002-04-25
  • ISBN-10:4105019074
  • ISBN-13:978-4105019075
内容紹介:
はじめてのキスは乾いていて、なめらかで、日ざしの温もりをたたえていた-1960年の夏、ボビー、キャロル、サリー・ジョンの仲良し3人組は11歳だった。夏に終わりがこないように、永遠に友情が続くと信じていた彼らの前に、ひとりの老人が現れる。テッド・ブローティガン。不思議な能力を持つ彼の出現を境に、世界は徐々に変容し始める。貼り紙、路上のチョーク、黄色いコートの男たち。少年と少女を、母を、街を、悪意が覆っていき-。あまりにも不意に、あまりにもあっけなく過ぎ去ってしまう少年の夏を描いた、すべての予兆をはらむ美しき開幕。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

波

波 2002年5月号

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ