書評

『戦争とトラウマ』(吉川弘文館)

  • 2020/08/24
戦争とトラウマ / 中村 江里
戦争とトラウマ
  • 著者:中村 江里
  • 出版社:吉川弘文館
  • 装丁:単行本(320ページ)
  • 発売日:2017-12-15
  • ISBN-10:4642038698
  • ISBN-13:978-4642038690
内容紹介:
アジア・太平洋戦争期に軍部の注目を集めた戦争神経症。様々な医療アーカイブズや医師への聞き取りから忘却されたトラウマに迫る。

戦争とトラウマ

戦争神経症に対する研究は、現在も充分(じゅうぶん)に行われていない。戦後の精神医学界でも無視されたテーマであった。本書は、この分野にひそむ問題を整理し、戦争の悲劇は時空を超えて存在すると訴えている。

戦時下では「戦争神経症の存在は注意深く国民の目から隠されていた」。精神疾患による皇軍兵士の抗命や逃亡、命令拒否などが、伝染病の如(ごと)く軍内に広まるのを恐れていたためだ。精神疾患の兵は、差別され排除された。

本書はデータを引用して詳細な分析を試みている。精神疾患の診察にあたった国府台(こうのだい)陸軍病院の、1937年12月から45年11月までの入院患者8002人の発病地は中国大陸が多く、次いで国内、「満州」で、太平洋・東南アジア地域からの患者は10%に満たない。患者移送(還送)の難しさや途中の戦死も多いためだ。

従来の研究は戦場と銃後が中心だったが、その間の還送の研究が必要だと著者は説く。注目すべき視点だ。

[書き手] 保阪 正康(ほさか まさやす)作家・評論家。『東條英機と天皇の時代』『五・一五事件』『あの戦争は何だったのか』『昭和の怪物 七つの謎』『ナショナリズムの昭和』(和辻哲郎文化賞)、「昭和史の大河を往く」シリーズなど著書多数。


戦争とトラウマ / 中村 江里
戦争とトラウマ
  • 著者:中村 江里
  • 出版社:吉川弘文館
  • 装丁:単行本(320ページ)
  • 発売日:2017-12-15
  • ISBN-10:4642038698
  • ISBN-13:978-4642038690
内容紹介:
アジア・太平洋戦争期に軍部の注目を集めた戦争神経症。様々な医療アーカイブズや医師への聞き取りから忘却されたトラウマに迫る。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2018年3月4日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
吉川弘文館の書評/解説/選評
ページトップへ