書評

『かしこくて勇気ある子ども』(リイド社)

  • 2020/09/17
かしこくて勇気ある子ども / 山本 美希
かしこくて勇気ある子ども
  • 著者:山本 美希
  • 出版社:リイド社
  • 装丁:コミック(168ページ)
  • 発売日:2020-06-17
  • ISBN-10:4845860619
  • ISBN-13:978-4845860616
内容紹介:
第一子を妊娠した若き夫婦の希望と憔悴。女性をテーマに描き続けてきた著者が見つめ直す、この世界の現実。オールカラーコミック。

生まれくる子へ、ふくらむ夢と不安

コロナ禍のもと、カミュの『ペスト』が世界中で読まれています。封鎖された町で疫病と戦う人々の姿が、生きる勇気と慰めを与えてくれるからでしょう。ペストという不条理との戦いがこの小説の主題ですが、ペストで苦しみ死んでいく一人の少年の挿話が忘れられません。無垢の少年の壮絶な死を看取った医師のリウーはこう叫びます。

「子どもたちが苦しめられるように創造されたこの世界を愛するなんて、私は死んでも拒否します」
罪なき子どもが苦しむこの世界は生きるに値するか、という問いはカミュが終生抱えこんだテーマでした。そして、今ここ日本で、遠いカミュの問いに呼応するかのような、美しく切実なマンガが描かれました。山本美希の『かしこくて勇気ある子ども』です。

山本美希は寡作ですが、間違いなく現代日本の最も優れたマンガ家の一人です。2013年の手塚治虫文化賞新生賞を受賞した『Sunny Sunny Ann!』は、家庭も家も持たず、車で旅する女性の孤独と誇りを晴れやかに描く作品でしたが、続く『ハウアーユー?』では、一転して、崩壊した家庭に呪縛される女性の苦難が主題になっています。正反対のアプローチですが、人間にとって家庭とは何なのかという根源的な問題が、山本美希というマンガ家の探求の底にはあるのです。

最新作『かしこくて勇気ある子ども』も、その問題から発して、新たな世界を切り開いた傑作です。

主人公は若い夫婦。共働きで、初めての子どもの妊娠を告げられ、大きな喜びに包まれます。自分たちのかしこくて勇気ある子どもが世界で活躍できるようにとその夢はふくらみます。世界で活躍する子どもを特集した雑誌には、女の子が教育を受ける権利を主張する15歳のマララ・ユスフザイの記事が載っていました。

ところが、マララがタリバンの男に銃撃されて意識不明になる事件の報道を見てから、妻の沙良のなかの何かがおかしくなり始めます。そして、出産予定日を過ぎても子どもが生まれてこないことに苛立(いらだ)った沙良は……。

色鉛筆の繊細きわまる描線は、子どもの誕生を待つ幸福の絶頂から、すべてが不安の種子となる精神の暗黒までを見事に映しだします。子どもたちはこの世界で傷つき、さらにひどい目にあうこともあるだろう。だが、事態を好転させるチャンスはある、かしこくて勇気ある子どもならば。最後の40ページの感動は、本年最高のマンガの収穫といって過言ではありません。
かしこくて勇気ある子ども / 山本 美希
かしこくて勇気ある子ども
  • 著者:山本 美希
  • 出版社:リイド社
  • 装丁:コミック(168ページ)
  • 発売日:2020-06-17
  • ISBN-10:4845860619
  • ISBN-13:978-4845860616
内容紹介:
第一子を妊娠した若き夫婦の希望と憔悴。女性をテーマに描き続けてきた著者が見つめ直す、この世界の現実。オールカラーコミック。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2020年7月8日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
中条 省平の書評/解説/選評
ページトップへ