書評

『ミシェル・フーコー伝』(新潮社)

  • 2017/10/25
ミシェル・フーコー伝 / ディディエ エリボン
ミシェル・フーコー伝
  • 著者:ディディエ エリボン
  • 翻訳:田村 俶
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(485ページ)
  • ISBN:410524101X
内容紹介:
フーコーの生涯、それと相関する現代の状況を活写するこの伝記は、巷に流布する、間違いで塗りかためられたフーコー伝説を解体している。断片的にしか知りえなかった、フーコーにかんする不完全な情報を補正し多くの新資料を加えて、新しい人物像を提示している。
フランスの生んだ超一流の哲学者ミシェル・フーコーの、待望久しい伝記の翻訳である。死後七年あまり、神秘のベールに隠されてきた彼の素顔が、この一冊で明らかになった。

著者は腕ききのジャーナリスト。フーコーの膨大な原稿類を読破したのはもちろん、埋もれた資料を数多く発掘、何百人もの関係者に取材するなど徹底した調査を重ねた。サルトル、ラカン、バルト、ドゥルーズ、ブルドューなどの知識人たちが構造主義の台頭やフーコーの系譜学の隆盛をどのように支えたのかを、大学人事の裏事情や手紙のやりとりといったレベルで追体験できるのは驚きである。フーコー研究に欠くことのできぬ基本書となるに違いない。

また、知られることの少なかったフーコーのもうひとつの顔、たとえば国外での生活ぶりや、七〇年代の刑務所改革運動、過激派との接近、イラン革命やボートピープルへの関心などについても、十分ページがさかれている。そして同性愛。若い頃、彼はこの悩みに精神の安定を失って、精神医学と出合った。そして、出世作『狂気の歴史』を著し、『監獄の誕生』など話題作を書きついで、ライフワーク『性現象の歴史』を構想する。アメリカでエイズに感染し、命を落とすことになったのも、同性愛のためだという。

『性現象の歴史』は序章『知への意志』が出てから、なかなか後が続かなかった。構想が二転三転したためだが、その間の経緯が詳しく紹介してあるのも興味深い。そのあと死の直前にようやく『快楽の活用』、『自己への配慮』の二冊が出版された。続刊『肉体の告白』もほぼ完成に近い原稿が残されてあるのだそうで、一日も早い刊行が待たれる。

本書は専門の研究書ではないが、フーコーという稀有な知性の躍動を伝えて余すところがない。翻訳も万全である。原著に付されていたフーコーの著作目録や、研究書・論文のリストなどが採録されていないことだけが惜しまれる。

狂気の歴史―古典主義時代における / ミシェル・フーコー
狂気の歴史―古典主義時代における
  • 著者:ミシェル・フーコー
  • 翻訳:田村 俶
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(649ページ)
  • 発売日:1975-02-01
  • ISBN:4105067028

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

監獄の誕生―監視と処罰 / ミシェル・フーコー
監獄の誕生―監視と処罰
  • 著者:ミシェル・フーコー
  • 翻訳:田村 俶
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(345ページ)
  • 発売日:1977-09-01
  • ISBN:4105067036

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

知への意志  / ミシェル・フーコー,渡辺 守章
知への意志
  • 著者:ミシェル・フーコー,渡辺 守章
  • 翻訳:渡辺 守章
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(217ページ)
  • 発売日:1986-09-01
  • ISBN:4105067044
内容紹介:
一つの社会は権力、快楽、知の関係をいかに構成し、成立させているか。フーコー考古学の鮮やかな達成。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

快楽の活用  / ミシェル・フーコー,Michel Foucault,田村 俶
快楽の活用
  • 著者:ミシェル・フーコー,Michel Foucault,田村 俶
  • 翻訳:田村 俶
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(337ページ)
  • 発売日:1986-10-01
  • ISBN:4105067052
内容紹介:
一夫一婦制、同性愛、近親相姦、生殖、愛欲性、純潔性…。古代ギリシャ・ローマにおける性の実際と道徳を詳述する。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

自己への配慮  / ミシェル フーコー,ミシェル・フーコー,Michel Foucault
自己への配慮
  • 著者:ミシェル フーコー,ミシェル・フーコー,Michel Foucault
  • 翻訳:田村 俶
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(328ページ)
  • 発売日:1987-04-01
  • ISBN:4105067060
内容紹介:
愛欲の営み、性の快楽から、結婚生活の重視、倫理的規範の強化と増大へ…古代ギリシャからキリスト教社会への変容を辿る。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この書評が収録されている書籍】
書評のおしごと―Book Reviews 1983‐2003 / 橋爪 大三郎
書評のおしごと―Book Reviews 1983‐2003
  • 著者:橋爪 大三郎
  • 出版社:海鳥社
  • 装丁:単行本(382ページ)
  • ISBN:4874155421
内容紹介:
1980年代、現代思想ブームの渦中に登場以来、国内外の動向・思潮を客観的に見据えた著作と発言で論壇をリードしてきた橋爪大三郎が、20年間にわたり執筆した書評を初めて集成。明快な思考で知られる著者による、書評の最良の教科書。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ミシェル・フーコー伝 / ディディエ エリボン
ミシェル・フーコー伝
  • 著者:ディディエ エリボン
  • 翻訳:田村 俶
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(485ページ)
  • ISBN:410524101X
内容紹介:
フーコーの生涯、それと相関する現代の状況を活写するこの伝記は、巷に流布する、間違いで塗りかためられたフーコー伝説を解体している。断片的にしか知りえなかった、フーコーにかんする不完全な情報を補正し多くの新資料を加えて、新しい人物像を提示している。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

日本経済新聞

日本経済新聞 1992年1月12日

関連記事
橋爪 大三郎の書評/解説/選評
ページトップへ