書評

『発明家の仕事 (ファーブル博物記 6)』(岩波書店)

  • 2017/11/25
発明家の仕事  / ファーブル
発明家の仕事
  • 著者:ファーブル
  • 翻訳:松原 秀一
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:単行本(305ページ)
  • 発売日:2004-10-28
  • ISBN:4000066900
内容紹介:
物理学の教師でもあったファーブルが、科学への思いを込めて語る、科学史の感動的な一大絵巻。

試行錯誤、先入観…科学者の素顔

日本では、ファーブルといえば『昆虫記』と決まっていて、どんな子供もその名前くらいは記憶している。ところが、現在のフランスでは、ファーブルを知っている人の数は極めてすくない。それを遺憾に思った地元の人々が、ファーブルを顕揚するために「ミクロポリス」という名の昆虫博物館を二〇〇一年に彼の生地であるサン・レオンに建てた。ファーブルを巡る日仏のギャップがようやく埋まり始めたわけだが、じつは『昆虫記』が大杉栄によって日本に初紹介された一九二〇年代にはファーブルはフランスでもかなりの有名人だったのだ。リセの理科系の教員としてスタートした彼は、『昆虫記』のほかにも物理、化学の教科書や少年少女向けの科学啓蒙書をおびただしく刊行し、その道では名声を確立していたのである。この方面での仕事を紹介したのが現在刊行中の『ファーブル博物記』全六冊のシリーズだが、アルキメーデースからヴォルタまでの物理系発明・発見家を扱った本書は、こうした科学啓蒙家としてのファーブルを知るのに役立つばかりか、今日われわれが読んでも十分おもしろい。

たとえば、熱気球の元祖であるモンゴルフィエ兄弟の話。兄弟は雲を見て、空中を上って行く人工雲の製造を思い立ち、煙に目をつけた。煙はひとりでに上昇していくのだから、軽い紙袋に閉じ込めればいいと考えたのだ。そしていろいろと試した結果、濡らしたわらに牛馬や羊の毛を交ぜて燃やした煙が「電気とアルカリとアンモニアガスが詰まって」いるからベストだと判断した。実験は成功だった。気球は空に上ったのである。

しかし、本当のところは、モンゴルフィエ兄弟の成功は、羊毛の電気やアルカリのせいではなく、熱の影響による空気の膨張のせいだった。ジュネーヴのソシュールという学者はこの点を明らかにし、実験で証明したが、モンゴルフィエ兄弟は自分たちのやり方を変えなかった。ここから、ファーブルが導き出す結論は次のようなものである。

「まちがったやり方でも一回採用してしまうと、それを捨てて、正しい方向に向きを変えるのは難しい」

ところで、天気予報などで、かつてミリバールだった気圧の単位はいまではヘクトパスカル(一〇〇パスカル)と呼ばれているが、これからもわかるように、気圧というものを実験で証明し、気圧計の原理を考え出したのはパスカルである。すなわち、パスカルは、空気には重さがあることを発見したガリレオ、気圧の実在を証明したトリチェリを受けて、さまざまな実験を繰り返したが、そのパスカルでさえ、最初は、「古代からの『真空への恐怖』という先入観から自由になることができなかった」。パスカルがこの先入観から解き放たれるのは、トリチェリの発明した水銀柱を山の麓と頂上で試してみようと思いついたときである。

電気化学の先駆者グレイとウェーラーが行った帯電の実験の成功と不成功の繰り返しの挿話も興味深い。「この成功と不成功が代わる代わる現れたことで、かえって二人は正しい道に向かうことになった。謎の答えは見つかった。絹ひもでつるされると麻ひもは帯電する。なぜなら絹は電気が勝手に消え去ることを許さないからだ。麻ひもか金属でつるせば麻ひもは帯電しない。なぜなら金属も麻も電気を楽にとおすから。こうして物体を不良導体と良導体に分類することが確立された」

中学・高校の物理の先生に特にお薦めしたい一冊である。(松原秀一・訳)

【この書評が収録されている書籍】
鹿島茂の書評大全 洋物篇 / 鹿島 茂
鹿島茂の書評大全 洋物篇
  • 著者:鹿島 茂
  • 出版社:毎日新聞社
  • 装丁:単行本(313ページ)
  • 発売日:2007-09-01
  • ISBN:4620318280
内容紹介:
100の書評でめくるめく世界の旅へ誘う愛書狂による最強のブックガイド。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

発明家の仕事  / ファーブル
発明家の仕事
  • 著者:ファーブル
  • 翻訳:松原 秀一
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:単行本(305ページ)
  • 発売日:2004-10-28
  • ISBN:4000066900
内容紹介:
物理学の教師でもあったファーブルが、科学への思いを込めて語る、科学史の感動的な一大絵巻。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 2004年11月07日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
鹿島 茂の書評/解説/選評
ページトップへ