書評

芸術を愛する一修道僧の真情の披瀝 (岩波書店)

  • 2017/09/12
芸術を愛する一修道僧の真情の披瀝 (岩波文庫) / ヴァッケンローダー
芸術を愛する一修道僧の真情の披瀝 (岩波文庫)
  • 著者:ヴァッケンローダー
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:文庫(210ページ)
  • 発売日:1939-06-03
  • ISBN:4003245113

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

再読三読『芸術を愛する一修道僧の真情の披瀝』

ヴァッケンローダーはわずか二十五歳で夭逝したが、ドイツ浪漫派の精神そのものといってよい人である。枢密顧問官だった厳格な父親の意向で、法律家への道を歩まざるをえなかったが、その彼を支えたのは学友ルートヴィヒ・ティークの篤い友情と、ドイツ中世芸術、イタリア・ルネッサンス芸術に対する、あくなき憧憬の念だった。

ドイツ浪漫派は、フィヒテやシェリングの哲学、シュライエルマッヒェルの宗教学などを取り込みながら、ヴィルヘルムとフリードリヒのシュレーゲル兄弟が中心になって理論を構築、提唱し、運動を展開した文芸思潮である。ヴァッケンローダーは、そうした流れに乗るタイプではなかったし、またその立場にもなかったのだが、シュレーゲル兄弟の全仕事に匹敵するほどの強い刻印を、ドイツ文学史上に残した。

それは『芸術を愛する一修道僧の真情の披瀝』(岩波文庫)を一読すれば、よく分かる。ヴァッケンローダーには、父親の意にそむいてまで文学、芸術の道へ進むだけの勇気がなかったため、この処女作は匿名で出版された。実際には、ティークの筆も少なからずはいっているらしいが、ともかくここにあふれるアルブレヒト・デューラーやラファエロ、ミケランジェロなどに対する、ナイーブといってもよいほどの熱い想いは、浪漫派の本質を何よりも雄弁に物語っていよう。

こうした志向は、ギリシャ古典芸術に範を求めた、ヴィンケルマンやレッシングの古典主義に対する、きわめて個人的な抵抗であったろう。ヴァッケンローダーに、それを一つの運動として盛り上げようとする強い意志は、おそらくなかった。むしろその成果は彼の死後、遺志を継いだティークがシュレーゲル兄弟の運動に接近することによって、初めて統合されたとみてよい。もっともシュレーゲル兄弟は、ヴァッケンローダーが避けたギリシャ、ローマの古典研究から出発しているので、かならずしもたどった道は重ならない。その橋渡しをしたのは、よくいえば柔軟な発想の持ち主だった、ティークの功績といえるだろう。

この本の最後に、「音楽家、ヨゼフ・ベルクリンゲルの注目すべき音楽生活」の章がある。遺稿『芸術幻想』の中の「ヨゼフ・ベルクリンゲルの数編の音楽論稿」とともに、ヴァッケンローダーがベルクリンゲルに仮託して、自己の真情を吐露した貴重な告白である。これらの断想を読むと、月並みな言い方だが、人はパンだけでは生きられないことを、改めて思い出させてくれる。

【この書評が収録されている書籍】
書物の旅 (講談社文庫) / 逢坂 剛
書物の旅 (講談社文庫)
  • 著者:逢坂 剛
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(355ページ)
  • ISBN:4062639815

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

芸術を愛する一修道僧の真情の披瀝 (岩波文庫) / ヴァッケンローダー
芸術を愛する一修道僧の真情の披瀝 (岩波文庫)
  • 著者:ヴァッケンローダー
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:文庫(210ページ)
  • 発売日:1939-06-03
  • ISBN:4003245113

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

初出メディア

小説新潮

小説新潮 1993年6月

関連書評/解説/選評
逢坂剛の書評/解説/選評
ページトップへ