選評

『罪の終わり』(新潮社)

  • 2018/02/16
罪の終わり / 東山 彰良
罪の終わり
  • 著者:東山 彰良
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(277ページ)
  • 発売日:2016-05-20
  • ISBN:4103346523
内容紹介:
これが進化だ! 東山彰良三日会わざれば刮目して見よ。読書界を席巻した『流』ショックから一年。直木賞受賞後初の書き下ろし長編。

第11回(2016)「中央公論文芸賞」

受賞作=東山彰良「罪の終わり」/他の選考委員=浅田次郎、林真理子、村山由佳/主催=中央公論新社/発表=「婦人公論」2016年10月25日号

小説家のモラル

東山彰良さんの最大の長所は、海外の小説をよく研究してその骨法を取り入れながら、ストーリーテリングの巧みさが常に際立っている点にあると思います。形式的な工夫と筋の運びというものはなかなか両立しないものですが、このありうべからざるバランスを取ることに見事に成功しているようです。

今回は、『ブラックライダー』の前日譚を語るという難易度の高い試技でした。なぜ、難易度が高いかというと、最後の着地点があらかじめ決められているため、それを外して着地することは絶対に許されないからです。東山さんはあえてそうした難行に挑戦する、勇気のあるチャレンジャーだといえます。

小説家というのは、だれかが決めたルールがあるわけでもなく、自分で設定したルールを自分で守るという点に特徴があります。これが小説家のモラルというものです。安易なルールを設定しておけばクリアーすることは容易ですが、それでは小さくまとまった小説家にしかなれません。読者に期待を持たせ続けるには、自己設定ルールのハードルを少しずつでも上げていくことが必要なのです。

東山さんは久々に登場したスケールの大きな、つまり小説家のモラルに忠実な作家です。主人公のナサニエルと同じく茨の道を歩むことになりますが、今後もしっかりとこのモラルを守り続けていかれることを期待します。
罪の終わり / 東山 彰良
罪の終わり
  • 著者:東山 彰良
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(277ページ)
  • 発売日:2016-05-20
  • ISBN:4103346523
内容紹介:
これが進化だ! 東山彰良三日会わざれば刮目して見よ。読書界を席巻した『流』ショックから一年。直木賞受賞後初の書き下ろし長編。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

婦人公論

婦人公論 2016年10月26日

関連記事
鹿島 茂の書評/解説/選評
ページトップへ