書評

『女ひとり世界に翔ぶ ― 内側からみた世界銀行28年』(講談社)

  • 2018/01/12
女ひとり世界に翔ぶ ― 内側からみた世界銀行28年 / 小野 節子
女ひとり世界に翔ぶ ― 内側からみた世界銀行28年
  • 著者:小野 節子
  • 出版社:講談社
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(264ページ)
  • 発売日:2005-08-30
  • ISBN:4062130130
内容紹介:
使命感に駆られて飛び込んだ世界銀行は、政治力なしには生き抜けない、野心と利権の渦巻く"ジャングル"だった…。理想と現実がせめぎあう世界銀行の現場を赤裸々に描く。
なんとも熱い本である。

著者はジュネーブ大学の大学院で博士号を取った後、直接に世界銀行に就職した人。現場の実務を生々しく語る。砂塵(さじん)舞うアフリカ西部のモーリタニアで、現場の政情や貧困、文化に精通し、関係者をねばり強く説得しながら貸し出しを実施する情熱に打たれる。

だがもっと凄(すご)いのが、コネと権謀術数とアメリカの思惑が「鳴門海峡」ほど渦巻く世銀の実態である。ここまで実名を挙げ、当事者の息づかいを描いた本も珍しい。大蔵省からの出向組は、本省での居場所を気に掛け国際機関では小馬鹿にされ、それでいて「好きな精進料理の教祖の本をスペイン語訳する」ことに血税を奮発したりしている。

それでも後味に品があるのは、著者の人柄ゆえだろう。安田善次郎のひ孫でありオノ・ヨーコの妹であることも、ひけらかさない。開発実務に就く人、必読! 元気になりたい人、オススメの半生記である。
女ひとり世界に翔ぶ ― 内側からみた世界銀行28年 / 小野 節子
女ひとり世界に翔ぶ ― 内側からみた世界銀行28年
  • 著者:小野 節子
  • 出版社:講談社
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(264ページ)
  • 発売日:2005-08-30
  • ISBN:4062130130
内容紹介:
使命感に駆られて飛び込んだ世界銀行は、政治力なしには生き抜けない、野心と利権の渦巻く"ジャングル"だった…。理想と現実がせめぎあう世界銀行の現場を赤裸々に描く。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2005年10月16日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
松原 隆一郎の書評/解説/選評
ページトップへ