書評

『唱歌の社会史: なつかしさとあやうさと』(メディアイランド)

  • 2018/07/28
唱歌の社会史: なつかしさとあやうさと / 伊藤 公雄,河津 聖恵,中西 光雄,永澄 憲史,山室 信一,佐久間 順平,中西 圭三,野田 淳子
唱歌の社会史: なつかしさとあやうさと
  • 著者:伊藤 公雄,河津 聖恵,中西 光雄,永澄 憲史,山室 信一,佐久間 順平,中西 圭三,野田 淳子
  • 出版社:メディアイランド
  • 装丁:単行本(264ページ)
  • 発売日:2018-06-20
  • ISBN:4904678583
内容紹介:
「唱歌」という、今までにはあまり類のない視点から読み解く日本近現代史。ひろく愛唱されている文部省唱歌の数々には、近代国家としての「日本」および「日本人」をつくっていくという隠された目的がありました。明治維新までは、ほとんどの日本人は「日本」「日本人」という自意識のないままに生… もっと読む
「唱歌」という、今までにはあまり類のない視点から読み解く日本近現代史。ひろく愛唱されている文部省唱歌の数々には、近代国家としての「日本」および「日本人」をつくっていくという隠された目的がありました。明治維新までは、ほとんどの日本人は「日本」「日本人」という自意識のないままに生きてきました。富国強兵策、植民地主義の中で、日本政府は、「日本人」という意識を国民に持たせる政策をとります。それが、国語読本、修身、であり、音楽=唱歌教育でした。本書は、2015年におこなわれたシンポジウムをもとに、新規書き下ろし原稿を加えました。今も人々に愛唱されている唱歌の数々を例示しながら、唱歌の成り立ち、植民地政策のなかで歌われた歌詞、戦後の占領政策のなかで黒塗りされた軍国的な歌詞、また官製の唱歌に対抗した「童謡」などをいとぐちに、国文学、社会学、法制史学、また詩人の立場から、近代日本の社会史を広くみていきます。唱歌の愛好者はもとより、音楽教育、歴史教育の実践者、また、研究者にもおすすめいたします。取り上げる唱歌は、「庭の千草」「故郷」「我は海の子」「早春賦」「蛍(蛍の光)」「あおげば尊し」「春の小川」「霞か雲か」「夏は来ぬ」「朧月夜」「浜辺の歌」「兵隊さん」「故郷を離るる歌」「里の秋」「故郷の廃家」「鉄道唱歌」ほか。

「国民国家」刷り込んだ装置

もう10年ほど前のことだが、アイルランドの小さな村で、日本の唱歌を村人たちと一緒に歌う機会があった。アイルランド一周の詩の朗読会に招かれたときのことだ。打ち上げのパーティーで、日本の唱歌の話をした。日本の近代初めの小学校の音楽教育では、アイルランド民謡をメロディーにした歌が作られ、現在も子どもたちは歌っている。そんな話をすると、じゃあ一緒に歌おう、ということになったのだ。

最初に日本から参加した数人で「庭の干草」を歌った。この歌はアイルランド民謡「夏の名残のバラ」をメロディーにしている。村人たちは英語で歌い、わたしたちは日本語で歌った。その次に「蛍の光」を歌った。うっかりしていたのだが、この歌はスコットランド民謡「オールド・ラング・ザイン」をメロディーにしている。彼らは歌い終わった後、口々に「これはスコットランドだ、嫌だな」と言った。スコットランドとアイルランドは同じケルト民族の血でつなかっているが、スコットランドは現在もイギリス連邦下にあり、イギリスから長く植民地として抑圧を受けてきたアイルランド人にとっては、敵対的な感情が強く残っている。

というようなことを経験して以降、明治期から大正期にかけて文部省が制定した小学生用の唱歌には、日本語の歌詞もそうだが、メロディーにも、複雑な政治状況が背後にあり、たんに昔の歌ではないのだ、ということを知った。

いまや第二の国歌とも言われるようになった唱歌「故郷(ふるさと)」は、「兎(うさぎ)追いしかの山/小鮒(こぶな)釣りしかの川」と始まるが、よく考えるとこれは中年の男の歌であって、故郷に帰りたくても帰れない、望郷の思いを歌いあげたものだと、本書で中西光雄は言う。立身出世を夢見て故郷を出たが、誰もが成功するわけではない。多くは都会に住んでサラリーマンとして過ごす。そういう故郷を喪失した都市生活者を生み出したのが大正期であった。その時期に唱歌「故郷」は誕生している。だから、反作用のように、理想郷としての「故郷」が描かれた。しかも学校で歌われ続けることによって、故郷という「国民共通の心性」が形づくられた。それは郷土愛が愛国心(パトリオティズム)につながっていく道筋を作り、日本近代が「国民国家」というイメージを作り上げるための装置として、きわめて優秀な機能を柤ったのである。

唱歌には、どの地方の出身者でも歌える、ということが求められた。だから「故郷」の歌詞には地名がない。それは「国民としての同一性を刷り込むためのメディアないし装置として唱歌が機能した」からだと山室信一は言う。

「蛍の光」の初期の歌詞には、いまは歌われていない3番と4番の歌詞があった。特に4番は「千島のおくも おきなわも/やしまのうちの まもりなり」と歌われた。唱歌には珍しくあえて地名が入っている。明治期の大日本帝国に沖縄と北千島という領土が編入されたとき、それを「やしま(日本)のうち」と呼ぶことで、国家の輪郭を国民に意識させようとしたのである。

後に台湾や朝鮮や満州や中国でも、その土地の言葉に翻訳されて日本の唱歌は歌われた。そこには植民地の人間に日本人が強要しただけではない側面もあったと山室氏は言う。「唱歌を容器として、そこに自らの想いや思想を自国語で歌詞をつけ、それによって自立性を保とうとした人々が少なくなかった」のだと。歌わせる側と歌う側と、そのどちらの側面から読み取っても、唱歌という「歌の力」が持つ「なつかしさとあやうさ」は、今後もさまざまな角度から究明していく必要がありそうだ。
唱歌の社会史: なつかしさとあやうさと / 伊藤 公雄,河津 聖恵,中西 光雄,永澄 憲史,山室 信一,佐久間 順平,中西 圭三,野田 淳子
唱歌の社会史: なつかしさとあやうさと
  • 著者:伊藤 公雄,河津 聖恵,中西 光雄,永澄 憲史,山室 信一,佐久間 順平,中西 圭三,野田 淳子
  • 出版社:メディアイランド
  • 装丁:単行本(264ページ)
  • 発売日:2018-06-20
  • ISBN:4904678583
内容紹介:
「唱歌」という、今までにはあまり類のない視点から読み解く日本近現代史。ひろく愛唱されている文部省唱歌の数々には、近代国家としての「日本」および「日本人」をつくっていくという隠された目的がありました。明治維新までは、ほとんどの日本人は「日本」「日本人」という自意識のないままに生… もっと読む
「唱歌」という、今までにはあまり類のない視点から読み解く日本近現代史。ひろく愛唱されている文部省唱歌の数々には、近代国家としての「日本」および「日本人」をつくっていくという隠された目的がありました。明治維新までは、ほとんどの日本人は「日本」「日本人」という自意識のないままに生きてきました。富国強兵策、植民地主義の中で、日本政府は、「日本人」という意識を国民に持たせる政策をとります。それが、国語読本、修身、であり、音楽=唱歌教育でした。本書は、2015年におこなわれたシンポジウムをもとに、新規書き下ろし原稿を加えました。今も人々に愛唱されている唱歌の数々を例示しながら、唱歌の成り立ち、植民地政策のなかで歌われた歌詞、戦後の占領政策のなかで黒塗りされた軍国的な歌詞、また官製の唱歌に対抗した「童謡」などをいとぐちに、国文学、社会学、法制史学、また詩人の立場から、近代日本の社会史を広くみていきます。唱歌の愛好者はもとより、音楽教育、歴史教育の実践者、また、研究者にもおすすめいたします。取り上げる唱歌は、「庭の千草」「故郷」「我は海の子」「早春賦」「蛍(蛍の光)」「あおげば尊し」「春の小川」「霞か雲か」「夏は来ぬ」「朧月夜」「浜辺の歌」「兵隊さん」「故郷を離るる歌」「里の秋」「故郷の廃家」「鉄道唱歌」ほか。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

熊本日日新聞

熊本日日新聞 2018年7月22日

関連記事
佐々木 幹郎の書評/解説/選評
ページトップへ