書評

『キメラ―満洲国の肖像』(中央公論新社)

  • 2017/07/29
キメラ―満洲国の肖像 / 山室 信一
キメラ―満洲国の肖像
  • 著者:山室 信一
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:新書(428ページ)
  • 発売日:2004-07-01
  • ISBN:4121911385
内容紹介:
一九三二年三月、中国東北地方に忽然と出現し、わずか一三年五カ月後に姿を消した国家、満洲国。今日なおその影を色濃く残す満洲国とは何だったのか。本書は建国の背景、国家理念、統治機構の特色を明らかにし、そこに凝縮して現れた近代日本の国家観、民族観、そしてアジア観を問い直す試みである。新たに満洲・満洲国の前史と戦後に及ぼした影響など、その歴史的意義を想定問答形式によって概観する章を増補した。

”理想国家”かく瓦解せり

満州国とは何であったのか。それは傀儡(かいらい)国家だったのか。それとも理想国家だったのか。今なお論争を呼び評価のゆれる「きわめて人為性の色彩の濃い国家」について、著者は国家形成の過程や理念と実態の検討を通して、考察を進める。著者のキータームは、書名のキメラに集約される。ではキメラとはいったい何か。著者は、頭が獅子(関東軍)、胴が羊(天皇制国家)、尾が龍(中国皇帝及び近代中国)という怪物キメラを、満州国の肖像に想定する。

タコツボ的論文や感傷的回想の多い領域において、それらを前提にしながら資料を読み直し、いかにして全体像を描き出すか。これはよほどの思いきりと工夫がなければできないことである。著者はあえて満州国をキメラに比することによって、議論の拡散を防ぎ国家全体のイメージを明らかにしながら、論争点の整理を試みる。その結果は、理想国家論に厳しい結論となった。無論、著者は無批判に傀儡国家論にくみするものではない。むしろ、橘樸(たちばなしらき)の「王道」や満州青年同盟の「民族協和」などの建国理念を、その到達点において捉えそれに殉じた人が少なくなかったことを真正面から認める。にもかかわらず、初発の建国の理念がそれ自体矛盾をはらみながら変遷し、実態においていかに裏切られたかを、客観的に跡づけるのだ。

ここにはまた満州国統治における日本人の「善意」という問題が関連してくる。だが、いかに主観的に「善意」であろうとも、結果が悪政だったならば、評価は自ずと定まることになろう。しかも仮に善政だったとしても、一方的に押しつけられ指導される側の気持ちに対する配慮はない。そこに著者は、マッカーサー司令部が占領改革に抱いたのと同様のパターナリズム(家長主義)を見出すのである。

とまれ日本は、二十世紀前半において満州国という多民族社会形成の試みに失敗した。今迫られている国際化に対して、はたして自民族中心主義をこえた対応ができるであろうか。満州国の歴史的遺産は、ずしりと重い。

【この書評が収録されている書籍】
本に映る時代 / 御厨 貴
本に映る時代
  • 著者:御厨 貴
  • 出版社:読売新聞社
  • 装丁:単行本(305ページ)
  • ISBN:4643970472
内容紹介:
『吉田茂書翰』から『ゴーマニズム宣言』まで「日本」を知り、「自分自身」を知る140冊。気鋭の政治学者が放つ渾身の社会時評&読書ガイド。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

キメラ―満洲国の肖像 / 山室 信一
キメラ―満洲国の肖像
  • 著者:山室 信一
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:新書(428ページ)
  • 発売日:2004-07-01
  • ISBN:4121911385
内容紹介:
一九三二年三月、中国東北地方に忽然と出現し、わずか一三年五カ月後に姿を消した国家、満洲国。今日なおその影を色濃く残す満洲国とは何だったのか。本書は建国の背景、国家理念、統治機構の特色を明らかにし、そこに凝縮して現れた近代日本の国家観、民族観、そしてアジア観を問い直す試みである。新たに満洲・満洲国の前史と戦後に及ぼした影響など、その歴史的意義を想定問答形式によって概観する章を増補した。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

読売新聞

読売新聞 1993年8月23日

関連記事
御厨 貴の書評/解説/選評
ページトップへ