書評

『エーコの文学講義―小説の森散策』(岩波書店)

  • 2020/01/06
エーコの文学講義―小説の森散策 / ウンベルト・エーコ
エーコの文学講義―小説の森散策
  • 著者:ウンベルト・エーコ
  • 翻訳:和田 忠彦
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:単行本(252ページ)
  • 発売日:1996-05-29
  • ISBN-10:4000002112
  • ISBN-13:978-4000002110
内容紹介:
様々なジャンルの作品を例に取り上げ、小説の技法、虚構の力、読書の意味など、文学の本質をめぐる議論を分かりやすい言葉、スタイルで展開し、文学の楽しさとは何かを縦横に語り明かす。知的刺激に満ちた文学入門。

エーコ先生の講義を読む

ぼくがカルヴィーノの『次の千年のための六つのメモ』をニューヨークの本屋の店頭で偶然見つけたのは一九八八年の六月のことだった。

出版されたばかりのその本は、カルヴィーノが「ノートン・レクチャーズ」で行う講義のための草稿だったけれど、その直前、彼は急死したのだ。

ぼくは『六つのメモ』を手に入れると、泊まっていたアルゴンクィンホテルに戻り、頁を開いた。

アルゴンクィンは雑誌「ニューヨーカー」御用達のホテルで、部屋といわず廊下といわずその表紙の原画がかけてあった。カルヴィーノの唯一の評論集『文学の効用』の表紙に、ソール・スタインバーグが「ニューヨーカー」のために描いたドローイングを使っていたことを思い出しながら、カルヴィーノの思いのすべてを語り尽くした『メモ』をぼくは、ほんとうに時の経つのも忘れて読んだのだった。テレビはつけておいた。静かすぎるのがイヤだったからだ。音をしぼったテレビの画面からはポルノ専門チャンネルの出張売春や(その頃日本にはまだなかった)テレクラの広告が流れ続けていた。そこに出てくる売春婦たちがみんなとても魅力的なのが不思議だった。

「チャールズ・エリオット・ノートン・ポエトリ・レクチャーズ」は一九二六年に始まったハーヴァード大学の集中講義で、これまでの講師の中にはエリオット、ストラヴィンスキー、ボルヘス、ノースロップ・フライ、オクタビオ・パスの名前も見える。カルヴィーノはその講壇に立つ最初のイタリア人となるはずだった。

幻の講義から八年、最初のイタリア人講師となったのが、あのウンベルト・エーコ先生であり、その講義録が今回出版された『エーコの文学講義』(和田忠彦訳、岩波書店)だ。

エーコ先生は講義をカルヴィーノの思い出から始め、小説という虚構の森の散策の仕方を少しずつ解きあかしていくのだけれど、内容については実際に読んでもらうしかない。

けれどこのことだけはいえる。「複雑で高度な内容を、簡単に楽しく説明する」――これがエーコ先生の戦略だ。そして、これはカルヴィーノの戦略でもあった。いや、そして二人のマエストロも認めてくれるだろうけれど、小説もまた「複雑で高度な内容を、簡単に楽しく説明」してくれるものでなければならないのである。

だから、エーコ先生の『講義』は小説にもよく似ている。講義最終回をエーコ先生はこういう話でしめくくる。

……館長が、ひとつびっくりさせるものがありますよと言って、プラネタリウムへと案内してくれたのです。……。ふいにあたりが真っ暗になったかと思うと、デ・ファリャの美しい子守り歌が流れてきました。ゆっくりと(すべては一五分で終わったのですから、現実よりもほんの少し早かったのですが)わたしの頭上で空が回りはじめました。それはわたしが生まれた夜、イタリアの、アレッサンドリアの、一九三二年一月五日から六日の夜空でした。……。もしかしたらあのときわたしは、何百冊もの本のページのあいだをさまよいながら、あるいはそこかしこの映画館のスクリーンに目を凝らしながら、だれもが捜しもとめている物語を見つけたのかもしれません。……。あれは小説の森だったのです。できるものなら、そのまま二度とあそこから抜け出したくはないと思いました。ですが、人生というやつは、わたしにとっても、そしてみなさんにとっても、なんとも残酷なもので、ここにこうしてわたしがいるというわけです。


【この書評が収録されている書籍】
いざとなりゃ本ぐらい読むわよ / 高橋 源一郎
いざとなりゃ本ぐらい読むわよ
  • 著者:高橋 源一郎
  • 出版社:朝日新聞社
  • 装丁:単行本(253ページ)
  • 発売日:1997-10-00
  • ISBN-13:978-4022571922
内容紹介:
どんな本にも謎がある。世界一の文学探偵タカハシさんが読み解く本の事件簿、遂に登場。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

エーコの文学講義―小説の森散策 / ウンベルト・エーコ
エーコの文学講義―小説の森散策
  • 著者:ウンベルト・エーコ
  • 翻訳:和田 忠彦
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:単行本(252ページ)
  • 発売日:1996-05-29
  • ISBN-10:4000002112
  • ISBN-13:978-4000002110
内容紹介:
様々なジャンルの作品を例に取り上げ、小説の技法、虚構の力、読書の意味など、文学の本質をめぐる議論を分かりやすい言葉、スタイルで展開し、文学の楽しさとは何かを縦横に語り明かす。知的刺激に満ちた文学入門。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

週刊朝日

週刊朝日 1996年頃

関連記事
高橋 源一郎の書評/解説/選評
ページトップへ