書評

『イルカの大研究―海のともだちのおしゃべりを聞いてみよう』(PHP研究所)

  • 2019/08/22
イルカの大研究―海のともだちのおしゃべりを聞いてみよう / 佐藤 一美
イルカの大研究―海のともだちのおしゃべりを聞いてみよう
  • 著者:佐藤 一美
  • 出版社:PHP研究所
  • 装丁:単行本(139ページ)
  • ISBN:4569683436
内容紹介:
頭がよくて、もっともヒトに近いといわれるイルカ。そのふしぎな生態や超能力、人間とのふれあいなどを描く。イルカのほんとうの姿に出会える本。小学中級以上。

イルカのことを知りたくて

以前この欄で、いつか一緒に沖縄に行こうねと、息子と約束している……と書いたが、念願かなって、早くもそれが実現した。旅のきっかけは、妖怪に凝っている息子が「キジムナーに会いたい」と言いだしたこと。が、到着するなり彼は、キジムナーではなく「イルカ」のとりこになってしまった。

滞在していたホテルで数頭飼われていて、子どもでも触れあえるプログラムが用意されていた。初めてそばで見るイルカを前に、息子の目がハート型になっている。

「か、かわいい……!!」

確かに、魚とは違って、うるうるした瞳が、ものすごくチャーミングだ。息子が投げた輪を、鼻先にひっかけて取ってきてくれたときには、感激はピーク。嬉しさのあまり身を乗り出しすぎて、海に落ちそうになっていた。

沖縄をあとにする日の朝まで、イルカの体温を測るところやエサやりの様子を見せてもらい、特に好きな子まで決めていた。その「ココちゃん」の缶バッジを買い、今では幼稚園のカバンにつけて通園している。

「ココちゃん、たくみんがバンザイしたらバンザイしたね。おへそを指さしたら、こんなふうにおなか見せてくれたね」と、ベッドに転がって毎晩イルカの真似をしている。

ここまで興味を持ったのならと、イルカの本を探すことにした。近所の本屋さんでは見つからなかったので、こういうときはインターネット。勘で二冊ほど注文してみた。

届いたものを見ると、一冊は幼児向きだが、もう一冊は「小学中級以上」とある。息子には難しそうだ。ネットって、こういう失敗があるのよね~と思いつつ見せると、意外や、その難しそうなほうを読みたがるのだった。

しかたがないので目次を開き、「どこがいい?」と、興味を持ったところから拾い読みをすることにした。

「イルカとクジラのちがい」

「おぼれた人をたすけたイルカ」

「イルカの天敵」

難しい言葉を噛みくだいて読んでやると、なんとかわかる。「わかりたい!」という気持ちが強いので、なんとかなっているようにも見える。こんな調子で、寝る前に一項目ずつ読んでいるところだ。私自身も知らなかったことがたくさんあって(イルカとクジラって、大きさだけの違いなんですね)、なかなかおもしろい。

「もっとこわい敵」という項目で「それはわたしたち人間なのです」と読みあげると、息子は布団のなかにもぐってしまった。

「ココちゃんは、ほんとうはたくみんのことがこわいの?」と涙目になっている。

いや、そうではなく、と続きを読み、安心し、また「海を汚さないようにしようね」という話もできた。

イルカの大研究』。知識だけでなく、子どもに大事なことを伝えたいという著者の気持ちが、伝わってくる本だ。小学生になったら、もう一度自分で読んでほしいな、と思う。

【この書評が収録されている書籍】
かーかん、はあい 子どもと本と私  / 俵万智
かーかん、はあい 子どもと本と私
  • 著者:俵万智
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 装丁:文庫(224ページ)
  • 発売日:2012-05-08
  • ISBN:4022646667

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

イルカの大研究―海のともだちのおしゃべりを聞いてみよう / 佐藤 一美
イルカの大研究―海のともだちのおしゃべりを聞いてみよう
  • 著者:佐藤 一美
  • 出版社:PHP研究所
  • 装丁:単行本(139ページ)
  • ISBN:4569683436
内容紹介:
頭がよくて、もっともヒトに近いといわれるイルカ。そのふしぎな生態や超能力、人間とのふれあいなどを描く。イルカのほんとうの姿に出会える本。小学中級以上。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2008年02月27日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
俵 万智の書評/解説/選評
ページトップへ