書評

『窓辺のこと』(港の人)

  • 2020/01/31
窓辺のこと / 石田 千
窓辺のこと
  • 著者:石田 千
  • 出版社:港の人
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(272ページ)
  • 発売日:2019-12-24
  • ISBN-10:489629372X
  • ISBN-13:978-4896293722
内容紹介:
50歳になった作家の2018年、暮らしに根づいている言葉を丁寧にすくい、文章に放つ。 いいことも悲しいことも書く。人気作家の新境地をひらく傑作エッセイ集! 2018年の1年間、「共同通信」に連載した作品を中心に、その1年に雑誌などに発表したエッセイをまとめる。

季節を刻む文章、心にストン

石田千さんの文章にはどれも季節が刻まれている。記憶の中の出来事でさえ、きちんと季節が顔をのぞかせている。

本書は、石田さんが50歳になる1年の間に書いたエッセーをまとめた本だ。20歳の時に昭和から平成になり、50歳で平成が令和になった、とあとがきにある。時代の節目が自分の年齢の区分と重なっていること自体に意味はないが、石田さんが書くと、なぜかストンと納得してしまう。

お父様を亡くされたことが文章の底に流れている。直接的な表現はない。その人の不在が不意に忍び込んでくる瞬間を石田さんは掬(すく)いあげる。うまいなあ、と思う。牧野伊三夫の挿絵も本の世界を見事に演出している。
窓辺のこと / 石田 千
窓辺のこと
  • 著者:石田 千
  • 出版社:港の人
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(272ページ)
  • 発売日:2019-12-24
  • ISBN-10:489629372X
  • ISBN-13:978-4896293722
内容紹介:
50歳になった作家の2018年、暮らしに根づいている言葉を丁寧にすくい、文章に放つ。 いいことも悲しいことも書く。人気作家の新境地をひらく傑作エッセイ集! 2018年の1年間、「共同通信」に連載した作品を中心に、その1年に雑誌などに発表したエッセイをまとめる。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

日本経済新聞

日本経済新聞 2020年1月9日

関連記事
陣野 俊史の書評/解説/選評
ページトップへ