書評

『ギターと出会った日本人たち ~近代日本の西洋音楽受容史~』(ヤマハミュージックメディア)

  • 2018/01/06
ギターと出会った日本人たち ~近代日本の西洋音楽受容史~ / 竹内貴久雄
ギターと出会った日本人たち ~近代日本の西洋音楽受容史~
  • 著者:竹内貴久雄
  • 出版社:ヤマハミュージックメディア
  • 装丁:単行本(200ページ)
  • 発売日:2010-12-22
  • ISBN-10:4636853105
  • ISBN-13:978-4636853100
内容紹介:
黒船とともにやってきた西洋の響き。花開いたニッポンのギター音楽。

草創期の隠れた業績を再構築

大衆楽器といわれるわりに、ギターはピアノやバイオリンに比べて、関連文献や研究書が極端に少ない。ギタリストの伝記もめったになく、自伝にいたっては若き日のセゴビアのもの、日本では小原安正のものくらいしか、思い浮かばない。

本書は、そうした大きな空白を埋めるには、少々物足りないほどの小著だが、それでも著者の文献博捜ぶりには、しんから驚かされる。ギター普及に功があったとして、比留間賢八や武井守成、池上冨久一郎、中野二郎、大河原義衛らの名前が挙げられ、それぞれの作曲と演奏活動を含む経歴が、詳しく紹介されている。一般の音楽史には、まず出てこない人びとがほとんどで、ギターを多少かじった筆者のような人間にも、なじみのない名前がずらりと並ぶ。

著者は、そうした人びとの隠れた業績を、数少ない関係者へのインタビューや、散逸した雑誌記事などから、できるかぎり正確に再構築しようとする。その、たゆまざる渾身(こんしん)の努力は草創期、黎明(れいめい)期のギタリストたちの執念、辛苦と重なって、一読まことに感慨深いものがある。

資料的価値の高い労作、といえよう。
ギターと出会った日本人たち ~近代日本の西洋音楽受容史~ / 竹内貴久雄
ギターと出会った日本人たち ~近代日本の西洋音楽受容史~
  • 著者:竹内貴久雄
  • 出版社:ヤマハミュージックメディア
  • 装丁:単行本(200ページ)
  • 発売日:2010-12-22
  • ISBN-10:4636853105
  • ISBN-13:978-4636853100
内容紹介:
黒船とともにやってきた西洋の響き。花開いたニッポンのギター音楽。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2011年3月27日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
逢坂 剛の書評/解説/選評
ページトップへ