書評

『愛の流刑地』(幻冬舎)

  • 2017/08/14
愛の流刑地〈上〉 / 渡辺 淳一
愛の流刑地〈上〉
  • 著者:渡辺 淳一
  • 出版社:幻冬舎
  • 装丁:文庫(454ページ)
  • 発売日:2007-08-01
  • ISBN-10:4344410041
  • ISBN-13:978-4344410046
内容紹介:
かつて一世を風靡した作家・村尾菊治は、旅先で女性編集者から彼の大ファンという人妻・入江冬香を紹介される。そのしなやかな容姿と控えめな性格に魅了された菊治。二人は狂おしく逢瀬を重ね、惹かれ合うが、貪欲に性愛の頂きへ昇りつめる冬香に、菊治は次第に不安を覚える。男女のエロスの深淵に肉薄し話題騒然となった問題作。待望の文庫化。
トヨザキ的評価軸:
「金の斧(親を質に入れても買って読め)」
「銀の斧(図書館で借りられたら読めば―)」
「鉄の斧(ブックオフで100円で売っていても読むべからず)」

前編 ジュンちゃん入魂の大作。偏執的に描かれた性技の国際見本市!

わたくしが『失楽園』(角川文庫)をけなしたせいでジュンちゃんが怒鳴り込み、雑誌「TITLE」が全面リニューアルされてから幾星霜。日本経済新聞で連載されていた、この通称「愛ルケ」がこうして単行本にまとめられる日を、どれほど手ぐすね引いて待っていたか。というわけで前後篇、二回にわたって、この作品の魅力を皆さんにお伝えする所存なんですの。まず、総ぺージ七百十六ページにも及ぶ、ジュンちゃん入魂の大作の粗筋から触れてまいりましょう。

失楽園  / 渡辺 淳一
失楽園
  • 著者:渡辺 淳一
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(350ページ)
  • 発売日:2000-03-15
  • ISBN-10:4062647796
  • ISBN-13:978-4062647793
内容紹介:
凛子と久木はお互いに家庭を持つ身でありながら、真剣に深く愛し合ってゆく。己れの心に従い、育んだ“絶対愛”を純粋に貫こうとする二人。その行きつく先にあるものは…。人間が「楽園」から追放された理由である“性愛=エロス”を徹底的に求め合う男女を描き、人間とは何かを問うた、渡辺文学の最高傑作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

かつてはベストセラーを飛ばしたものの、この十年間ほどは新作を発表することもなく、週刊誌のアンカーや大学講師の仕事で糊口をしのいでいる五十五歳の菊治と、三十代で三人の子持ちの人妻・冬香が出会い、愛しあうようになり、やがてセックスの最中に首を締めるプレイの果てに、菊治が冬香を死に至らしめる、ただそれだけの話。

が、中年男女のヤリまくり小説『失楽園』の作者ですもの、今回も男子の股間を盛り上げ、セックスレスで悶々とする主婦の下半身を疼かせる手練手管に関しては、呆れけえっちまうほど長けてる……つーか、偏執的なんですの。なんと上巻の四分の一強が性描写。うしろから前から横から上から下から、あらゆる体位を試しているのはもちろん、シックスナイン、ワカメ酒、テレフォンセックスと何でもござい。性技の国際見本市といっても過言ではございません。

そうしたねっとりべたべたしたセックスに溺れる一方で、冬香に出す携帯メールの最後には、必ずハートマークを添える菊治。ジュンちゃん、『失楽園』当時と比べると新しいことも覚えたらしく、セックスの最中、冬香に「すごおい」なんてフレーズを連発させてもいます。「すごおい」、援助交際で女子高生にでも教えてもらったのでしょうか。ちょいキモです。ちょいイタです。キモイタおやじです。

と同時に、『失楽園』におけるお笑いネタも残してるのが、ジュンちゃんの豊かなサービス精神を物語っておりましょう。『失楽園』で、主人公男女に自分たちを〈愛のエリート〉と言わしめたジュンちゃんは、ここでも〈愛の仕置き〉〈恋の許可証〉〈愛の暴力団〉など、素敵なキャッチコピーを連発。失楽園名物〈まさしく〉の連呼も健在です。〈いままさしく二人は合体している〉〈まさしく、言葉は愛の潤滑油である。「ふゆか」と呼べば「あなた」と答える〉。知能指数の低い文章の波状攻撃で、読者を失笑の渦に巻き込む渡辺淳一先生。物書きとして、この姿勢は見習わねばなりますまい。(次回に続く)。

【この書評が収録されている書籍】
正直書評。 / 豊崎 由美
正直書評。
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:学習研究社
  • 装丁:単行本(228ページ)
  • 発売日:2008-10-00
  • ISBN-10:4054038727
  • ISBN-13:978-4054038721
内容紹介:
親を質に入れても買って読め!図書館で借りられたら読めばー?ブックオフで100円で売っていても読むべからず?!ベストセラーや名作、人気作家の話題作に、金、銀、鉄、3本の斧が振り下ろされる。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

愛の流刑地〈上〉 / 渡辺 淳一
愛の流刑地〈上〉
  • 著者:渡辺 淳一
  • 出版社:幻冬舎
  • 装丁:文庫(454ページ)
  • 発売日:2007-08-01
  • ISBN-10:4344410041
  • ISBN-13:978-4344410046
内容紹介:
かつて一世を風靡した作家・村尾菊治は、旅先で女性編集者から彼の大ファンという人妻・入江冬香を紹介される。そのしなやかな容姿と控えめな性格に魅了された菊治。二人は狂おしく逢瀬を重ね、惹かれ合うが、貪欲に性愛の頂きへ昇りつめる冬香に、菊治は次第に不安を覚える。男女のエロスの深淵に肉薄し話題騒然となった問題作。待望の文庫化。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

TV Bros.

TV Bros. 2006年7月22日

多彩な連載陣のコラムが人気のポップカルチャーTV情報誌。豊﨑由美氏の書評コーナー「帝王切開金の斧」が好評連載中。

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ