野谷 文昭

野谷 文昭FUMIAKI NOYA

名古屋外国語大学外国語学部教授、東京大学名誉教授。東京外国語大学外国語学研究科修士課程修了。主な訳書にガルシア=マルケス『予告された殺人の記録』、ボルヘス『七つの夜』、プイグ『蜘蛛女のキス』、パス『鷲か太陽か?』、コルタサル『愛しのグレンダ』、ボラーニョ『アメリカ大陸のナチ文学』、共訳書にガルシア=マルケス『12の遍歴の物語』、ガルシア=モラレス『エル・スール』、ボラーニョ『2666』等。著書に『マジカル・ラテン・ミステリー・ツアー』、『ラテンにキスせよ』、『越境するラテンアメリカ』等がある。


ページトップへ