書評

『忘れられた巨人』(早川書房)

  • 2017/10/06
忘れられた巨人 / カズオ イシグロ
忘れられた巨人
  • 著者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:単行本(416ページ)
  • 発売日:2015-05-01
  • ISBN:4152095369
内容紹介:
奇妙な霧に覆われた世界を、老夫婦は息子との再会を信じてさまよう。ブッカー賞作家が満を持して放つ、『わたしを離さないで』以来10年ぶりの新作長篇! 著者来日、ハヤカワ国際フォーラム開催

過去への郷愁と伝説のリアリティー

カズオ・イシグロには意表を突かれる。過去の輝かしい日々を追想し、時代の流れに抗(あらが)おうとする戦後の英国執事を描いた『日の名残り』の後に発表されたのは、カフカ的な非現実世界を彷徨(ほうこう)する男が主人公の『充たされざる者』だった。そして、二十世紀初頭の上海を舞台に私立探偵が活躍する『わたしたちが孤児だったころ』の後に、自分とは何かと問い続けるクローンたちの「人生」を描いたSF風未来小説『わたしを離さないで』が続いた。

この四作を見る限り、スタイルもテーマも時代も異なり、そのときどきにイシグロが果敢な挑戦をしてきたことが、そしてこの作家がとりわけ「記憶」に興味を抱いていることがわかる。

今年発表された『忘れられた巨人』で、やはりわたしは意表を突かれた。むしろ戸惑いすら覚えた。時代設定がこちらの想像を超えていたからである。ブリトン人とサクソン人の戦いが終わってようやく平安が訪れた七世紀ごろのイギリスを舞台に、アーサー王伝説の衣を借りて老夫婦の旅が描かれていく。人々はほんの数日前のことですら覚えていないような、忘却の霧の中に住んでいる。老夫婦には息子がいたが、村を出て以来会ったことはない。夫婦はその息子に会うために重い腰を上げ、いたわり合いながら旅を続ける。その旅でさまざまな人々に出会い、この国の謎が、人々の物忘れの理由が明らかになっていく。

老夫婦とは何者か、「忘れられた巨人」とはなんのメタファーか、船で渡るとはどういうことなのか。読後、その問いと向き合うためにも、本書はできるだけ先入観を持たずに読んだほうがいい作品である。凝縮した文章で語られる思い出せない過去への郷愁と、生き続ける伝説のリアリティーを味わっていただきたい。

日の名残り  / カズオ イシグロ
日の名残り
  • 著者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(365ページ)
  • 発売日:2001-05-01
  • ISBN:4151200037
内容紹介:
品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々-過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

わたしたちが孤児だったころ  / カズオ イシグロ
わたしたちが孤児だったころ
  • 著者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(537ページ)
  • 発売日:2006-03-01
  • ISBN:4151200347
内容紹介:
上海の租界に暮らしていたクリストファー・バンクスは十歳で孤児となった。貿易会社勤めの父と反アヘン運動に熱心だった美しい母が相次いで謎の失踪を遂げたのだ。ロンドンに帰され寄宿学校に学んだバンクスは、両親の行方を突き止めるために探偵を志す。やがて幾多の難事件を解決し社交界でも名声を得た彼は、戦火にまみれる上海へと舞い戻るが…現代イギリス最高の作家が渾身の力で描く記憶と過去をめぐる至高の冒険譚。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

わたしを離さないで  / カズオ・イシグロ
わたしを離さないで
  • 著者:カズオ・イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(450ページ)
  • 発売日:2008-08-22
  • ISBN:4151200517
内容紹介:
優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設ヘールシャムの親友トミーやルースも提供者だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度…。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく-全読書人の魂を揺さぶる、ブッカー賞作家の新たなる代表作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。


【2017年10月19日発売予定文庫版】
忘れられた巨人  / カズオ イシグロ,Kazuo Ishiguro
忘れられた巨人
  • 著者:カズオ イシグロ,Kazuo Ishiguro
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(496ページ)
  • 発売日:2017-10-19
  • ISBN:4151200916
内容紹介:
遠方の息子に会うため老夫婦は村を出た。戦士、少年、老騎士……様々な人々に出会いながら、ふたりは謎の霧に満ちた大地を旅する

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

忘れられた巨人 / カズオ イシグロ
忘れられた巨人
  • 著者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:単行本(416ページ)
  • 発売日:2015-05-01
  • ISBN:4152095369
内容紹介:
奇妙な霧に覆われた世界を、老夫婦は息子との再会を信じてさまよう。ブッカー賞作家が満を持して放つ、『わたしを離さないで』以来10年ぶりの新作長篇! 著者来日、ハヤカワ国際フォーラム開催

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

サンデー毎日

サンデー毎日 2015年5月19日

関連書評/解説/選評
古屋 美登里の書評/解説/選評
ページトップへ