書評

『選ばれた女〈1〉』(国書刊行会)

  • 2020/04/07
選ばれた女〈1〉 / アルベール・コーエン
選ばれた女〈1〉
  • 著者:アルベール・コーエン
  • 翻訳:紋田 廣子
  • 出版社:国書刊行会
  • 装丁:単行本(443ページ)
  • 発売日:2006-09-01
  • ISBN-10:4336047553
  • ISBN-13:978-4336047557
内容紹介:
1930年代なかばのスイス・ジュネーヴ。国際連盟事務次長の要職にあるギリシア・ケファリニア島生まれのユダヤ人ソラルと、大貴族ドーブル家の血筋を引く完璧な美女アリアーヌ。抜群の政治センスと類稀なる美貌とでその地位を築いたソラルは、社交界の貴婦人たちを虜にする現代のドン・ファンであり、… もっと読む
1930年代なかばのスイス・ジュネーヴ。国際連盟事務次長の要職にあるギリシア・ケファリニア島生まれのユダヤ人ソラルと、大貴族ドーブル家の血筋を引く完璧な美女アリアーヌ。抜群の政治センスと類稀なる美貌とでその地位を築いたソラルは、社交界の貴婦人たちを虜にする現代のドン・ファンであり、ブラジルのレセプションで見初めたアリアーヌにも危険な恋を仕掛ける。「一つ賭をしませんか。もし三時間以内にあなたが恋に落ちなかったら、あなたのご主人を部長に任命しましょう」。ホロコーストの暗雲忍び寄るヨーロッパで、死の予感を秘めながら繰り広げられる反時代的な恋愛劇。人間の愛と欲を赤裸々に描いたその物語を縦糸に、アリアーヌの夫アドリアン・ドゥームが国際連盟で過ごす怠惰な一日、アドリアンの養母アントワネットのスノビスム、ドゥーム家の人々がソラルを招待するディナーの準備、国際連盟情報部長が開くカクテル・パーティー、女中マリエットのモノローグ、ソラルの故郷からきた5人の親類の狂騒など、魅力的なエピソードが織り込まれ、二人の恋は運命の深みへとはまっていく…。アカデミー・フランセーズ小説大賞受賞の恋愛大河小説。

狂気の愛の凄まじさ、執拗な筆致 

途方もない奇書である。たとえていえば、プルーストをこえる瑣末主義、セリーヌの塁を摩する錯乱、ジョイスに匹敵する内的独白が、滔々(とうとう)として恐るべきお喋りの激流に溶けこみ、音高く泡を立てているといった趣なのだ。

主な筋立ては典型的な宿命の恋、現代版のトリスタンとイゾルデといってもいい。

舞台は第二次世界大戦を控えたジュネーヴ。主人公のソラルは国際連盟の事務次長を務める中年の美男で、生まれながらの誘惑者だ。この男が一目惚れの恋に落ちる。相手は自分の部下の妻で、貴族出身の美女アリアーヌ。ソラルは夫を出張命令で海外に放逐し、彼女をものにする。

その狂気の愛の凄まじさ!まずはそこが読みどころだ。

純乎(じゅんこ)たるロマンチシズムと悪魔的な嘲笑とを混ぜあわせて、愛と性の諸相が病的な執拗さで描きだされる。

おりからのナチスの台頭で、ユダヤ人のソラルは国連から追放される。作者のコーエンはユダヤ人難民のための国際パスポートの起草者であり、物語後半のソラルを呑みこむ受難には、作者自身の個人的な体験がにじみだす。

国籍さえも奪われたソラルは、アリアーヌだけを伴侶として放浪の旅に出るが、物語の後半では、宿命の愛の暗黒面がこれでもかこれでもかと畳みかけられる。引き金を引くのは嫉妬である。アリアーヌが短い関係をもった男のことをたねに、ソラルはねちねちと彼女を責める。

その情熱的な愛から絶望的な嫉妬への転換が恐ろしい。そこには明確な理由はなにもないからだ。男と女が社会的な絆を絶たれて一緒に生きることの必然としかいいようがない。その必然に導かれて二人は醜悪な心中に至る。理由を欠いた、絶対的な運命悲劇。どうして作者はこんな物語を書かなければならなかったのか。それが最大の謎だ。

とはいえ、上下二段組で千ページ近い大冊の大半を占めるのは、官僚政治、パーティー、家系、ファッション、美食、ユダヤ民族誌等々をめぐる饒舌きわまるトリビアである。結末までたどり着けるのは、選ばれた読者であろう。
選ばれた女〈1〉 / アルベール・コーエン
選ばれた女〈1〉
  • 著者:アルベール・コーエン
  • 翻訳:紋田 廣子
  • 出版社:国書刊行会
  • 装丁:単行本(443ページ)
  • 発売日:2006-09-01
  • ISBN-10:4336047553
  • ISBN-13:978-4336047557
内容紹介:
1930年代なかばのスイス・ジュネーヴ。国際連盟事務次長の要職にあるギリシア・ケファリニア島生まれのユダヤ人ソラルと、大貴族ドーブル家の血筋を引く完璧な美女アリアーヌ。抜群の政治センスと類稀なる美貌とでその地位を築いたソラルは、社交界の貴婦人たちを虜にする現代のドン・ファンであり、… もっと読む
1930年代なかばのスイス・ジュネーヴ。国際連盟事務次長の要職にあるギリシア・ケファリニア島生まれのユダヤ人ソラルと、大貴族ドーブル家の血筋を引く完璧な美女アリアーヌ。抜群の政治センスと類稀なる美貌とでその地位を築いたソラルは、社交界の貴婦人たちを虜にする現代のドン・ファンであり、ブラジルのレセプションで見初めたアリアーヌにも危険な恋を仕掛ける。「一つ賭をしませんか。もし三時間以内にあなたが恋に落ちなかったら、あなたのご主人を部長に任命しましょう」。ホロコーストの暗雲忍び寄るヨーロッパで、死の予感を秘めながら繰り広げられる反時代的な恋愛劇。人間の愛と欲を赤裸々に描いたその物語を縦糸に、アリアーヌの夫アドリアン・ドゥームが国際連盟で過ごす怠惰な一日、アドリアンの養母アントワネットのスノビスム、ドゥーム家の人々がソラルを招待するディナーの準備、国際連盟情報部長が開くカクテル・パーティー、女中マリエットのモノローグ、ソラルの故郷からきた5人の親類の狂騒など、魅力的なエピソードが織り込まれ、二人の恋は運命の深みへとはまっていく…。アカデミー・フランセーズ小説大賞受賞の恋愛大河小説。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2006年11月26日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
中条 省平の書評/解説/選評
ページトップへ