書評

『街角のオジギビト』(筑摩書房)

  • 2018/06/13
街角のオジギビト / とり みき
街角のオジギビト
  • 著者:とり みき
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:単行本(171ページ)
  • ISBN:4480816542
内容紹介:
ご迷惑をおかけしております、絶賛発売中につきご協力をお願いします。体を張って現場を守るおなじみのあのヒトたちを20年に渡り徹底収集。図版満載でお届けするオジギビトの全て。
オジギビトとは、工事現場の「ご迷惑をおかけしてます」の看板に、必ずついてくるマンガの人物像、あれに著者とり・みきさんが命名した造語である。 このオジギビト、どれも同じに見えて、実は実にさまざまにいろいろな、おどろくほどに多種多様の人々なのだった。そのそれぞれを分類し命名する著者の手際が素晴らしい。

八十年代からの収集だというから、もう二十年から三十年を経ているわけだ。同一のキャラクターにも変遷があるだろうし、オジギをしたまま、既に消え去ってしまったキャラクターもあるに違いない。

収集されたもの、というのは一定量を超えると、あらたな面白さを生むものである。個々の収集物を見る面白さより、その集合からひきだされる面白さ。コレクションという趣味の味わいに欠かせないものかもしれない。

もっとも、この味わい方で趣味のクオリティというのか、趣味の説得力というものが大きく違ってくると私は思う。

とり・みきさんの趣味の味わい方ふるまい方は絶品である。つまり、工事現場にある「お願い」「お詫(わ)び」の看板なんかにひとかけらの興味もない人を、話にひきこんで、十二分に楽しませ、味あわせる力がある。

いままで、見ていても見えていなかったもの、いままで少しも面白くなかったものが、ガラリと違って見えてくる。

これは、おそらく脳ミソの普遍的な楽しみだと私は思う。趣味のもつ力である。
街角のオジギビト / とり みき
街角のオジギビト
  • 著者:とり みき
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:単行本(171ページ)
  • ISBN:4480816542
内容紹介:
ご迷惑をおかけしております、絶賛発売中につきご協力をお願いします。体を張って現場を守るおなじみのあのヒトたちを20年に渡り徹底収集。図版満載でお届けするオジギビトの全て。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2007年2月25日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
南 伸坊の書評/解説/選評
ページトップへ