書評

『ビザンツ帝国 生存戦略の一千年』(白水社)

  • 2018/07/19
ビザンツ帝国 生存戦略の一千年 / ジョナサン・ハリス
ビザンツ帝国 生存戦略の一千年
  • 著者:ジョナサン・ハリス
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(380ページ)
  • 発売日:2018-01-20
  • ISBN:4560095906
内容紹介:
外部からの脅威に対して絶えず革新と順応を繰り返しながら、千年にわたり東地中海に栄えた帝国の興亡を、おもな皇帝を軸に語る。

他者をなじませ統合する

完璧なフォームでバットを振ったにしても、球から三十センチも離れていたら様にならないだろう。同じように、どんなに筋の通った議論であっても、問い掛けそのものが適切でなければ、応答の説明も味気ないものになってしまう。

「ローマ帝国の衰亡」については、古代の同時代人からして喧々囂々(けんけんごうごう)と議論されている。ゲルマン民族の侵入、キリスト教の普及、インフラの劣化などが取り沙汰(ざた)されるなかで、五世紀後半、西ローマ帝国が解体した。だが、東ローマ帝国はビザンツ帝国となり、千年後にオスマン帝国によって滅ぼされた。その千年間についてはどんな問い掛けがふさわしいのだろうか。

三三〇年、僻邑(へきゆう)ビュザンティオンは新しく建設されて開都し、後にコンスタンティノープルとよばれる首都となった。コンスタンティヌス帝は既にキリスト教を公認していたので、新都には教会も数多く建てられたが、元老院議事堂も競馬場も宮殿もあり、神々の神殿もあった。

しかし、ゲルマン諸部族がローマ帝国に侵入し西の各地を蹂躙(じゅうりん)するころ、コンスタンティノープルを中心とする地域では、伝統的な宗教はキリスト教に置き換えられ、この新しい宗教が戦争、思想、芸術、生活のあらゆる領域に浸透していた。

六世紀のユスティニアヌス帝のころビザンツ帝国は最盛期をむかえる。ローマ帝国の大半を征服し、首都には斬新にして壮麗な聖ソフィア教会が建てられる。史上最高額の建造物は異民族に畏敬(いけい)の念をいだかせ帝国にひれ伏させるのに絶大な効果をもった。だが、野望が臆病さを打ち負かしたような皇帝の死後、帝国には戦争と建築に費やした財務の負荷が回ってきた。

七世紀になると、アヴァール人やスラヴ人の諸部族の動きが活発になり、帝国の国境を脅かす。ペルシア軍とアヴァール軍が連合して首都に迫った。そのペルシア帝国が崩壊すると、背後にはイスラームのアラブ人が大勢力をなしていた。北方国境にはトルコ系遊牧民ブルガリア人が覇を唱えた。

このように異民族の移動に絶えずさらされ、国境を脅かされながら、防衛軍を国境ではなく国内に撤退させ、テマ(軍管区)を設けて分割する戦略にでる。軍の司令官はテマの行政長官でもあったから、首都の命令がなくても裁量権をふるえた。小アジア各地に駐屯しており、神出鬼没のアラブ軍の攻撃にも即座に対応できる利点があった。

兵士には土地が与えられたが、土地そのものは国有地であった。なにやら、司馬遼太郎氏が日本のような狭い国土では私有地を認めるべきではないと指摘していたことを思い出す。

しかし、このような地方の軍事貴族が強くなると皇帝に対抗する勢力になりかねない。八世紀のコンスタンティノス五世は忠誠心に富む中央軍団を創設し、不測の事態にそなえた。

さらに、キリスト教徒の十字軍勢力も内なる敵としてビザンツ帝国を脅かしたが、西方のラテン人には他者を同化し、その技術を利用する能力が欠けていた。これに対して、「ビザンツ帝国の最大の遺産は、もっとも厳しい逆境にあっても、他者をなじませ統合する能力にこそ、社会の強さがあるという教訓である」と著者は指摘する。

問題の核心はここにあるのだ。領土が縮小し国力が弱体化しても、ビザンツ帝国は「なぜ存続できたのか」と問い掛けるべきなのだ。まぎれもなくビザンツ史研究の泰斗である訳者をして「こんな本を書きたかった」と述懐させるのがことさら印象に残る。(井上浩一訳)
ビザンツ帝国 生存戦略の一千年 / ジョナサン・ハリス
ビザンツ帝国 生存戦略の一千年
  • 著者:ジョナサン・ハリス
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(380ページ)
  • 発売日:2018-01-20
  • ISBN:4560095906
内容紹介:
外部からの脅威に対して絶えず革新と順応を繰り返しながら、千年にわたり東地中海に栄えた帝国の興亡を、おもな皇帝を軸に語る。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 2018年3月18日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
本村 凌二の書評/解説/選評
ページトップへ